【2020年最新版】ブログのアクセス数が増えない方に伝えたい簡単な4つのSEO改善策とは?

【2020年最新版】ブログのアクセス数が増えない方に伝えたい簡単な4つのSEO改善策とは?

ブログのアクセス数が増えない方のために簡単な4つのSEO対策(改善策)をまとめました。

この記事はブログ運営を始めたばかりの方にも、ブログ運営をある程度の期間やっているがアクセス数が増えない方に向けた内容になっています。

ブログ運営を始めたばかりの方も、ブログ運営をある程度の期間やっているがアクセス数が増えない方も、アクセス数を増やすために試行錯誤するものです。

特にアクセス数を稼がないと成果になりにくいアフィリエイトをやっている方にとっては死活問題ですね。

SEO対策しないといけないなどと考えるも、そもそもSEO対策がよくわからずに、調べたりするだけで疲れちゃって記事も更新できず、なかなかアクセスが増えない。

終いにはブログ運営そのものを止めてしまう。

こんなもったいない話はありません。

ブログのアクセス数を増やすには至ってシンプルな4つの方法をこなすだけなんです。

簡単にアクセスアップが狙えるなら知りたくないですか?

それでは僕なりに結論づけたブログのアクセス数が増えない方に伝えたい簡単な4つの改善策をご紹介いたします。

ブログのアクセス数が増えない方に伝えたい簡単な4つの改善策

まず結論から先にご説明しますと、

① 3つ目のキーワードを狙え
② そもそも読まれる記事を書く
③ 同じテーマの記事をできるだけ量産する
④ SNSや外部からの流入を増やす

この4つになります。

ブログのアクセス数を増やす簡単な4つの方法は、すべてのジャンルに当てはまるわけではありません。

まず、アクセス数を増やすなら、読者に「読みたい」と思わせることが大前提になります。

もしこの記事を読んでいるあなたが、ここには必要な情報はないと感じたら、最後まで読みませんよね?

まずブログ運営をするにあたって、アクセス数を上げたいのであれば、自分が読者だったら読みない内容かを考えてみましょう。

これ、大前提ですので、先に書きました。

では、この4つの改善策についてひとつずつ具体的にご説明いたします。

① 3つ目のキーワードを狙え

① 3つ目のキーワードを狙え

3つ目のキーワードとは、Googleなどの検索エンジンでセカンドキーワードまで検索した時に出てくる3つ目のキーワードのこと。

キーワードとは、検索エンジンで検索したいワード(言葉・単語)のことです。

今ではGoogleで1つ目のキーワードを入力すると、自動的に次の検索キーワード候補が出てきますよね?

これは検索予測が自動で行われセカンドキーワード(または第2キーワード)が表示される仕組みになっています。

3つ目のキーワードを狙えとは、その次のキーワードを狙え、ということです。

なぜ3つ目のキーワードを狙うのか?

既にインターネットが普及され、人が検索エンジンを活用するようになってから何年も経過しています。

そのため、検索されやすいキーワード(ビッグキーワード)を狙っても、何年もあるサイトやブログが上位を独占してしまっているので、新参者は検索上位を狙うことは無理に近いんです。

無理に近い行為に無駄な時間や労力をかける、こんな意味のないことはありません

じゃあセカンドキーワード(または第2キーワード)を狙えばいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、アクセスアップを考えるような方たちは日々どうすれば自身のサイトやブログが検索上位に行くかを考えているため、ある程度SEOの知識をお持ちの方にとってセカンドキーワード(または第2キーワード)を狙うなんて話はもう当たり前の話なんです。

つまり、今の時代はじめからセカンドキーワード(または第2キーワード)を狙って成功するのは非常に難しいんです。

もちろんジャンルによってはまだまだ第2キーワードを狙って検索上位を目指せるものがあるかもしれませんが、この記事を読まれている方の中には既に実践されているのに思うように検索上位にいかないアクセスが伸びない、などのお悩みをお持ちでこの記事に辿り着いているかと思います。

狙い方としては、3つ目のキーワードを狙った記事を複数書いていき、3つ目のキーワードで検索上位に表示されるようになれば自ずと2つ目のキーワードでの順位が上がってくる場合もありますし、そうではない場合でも2つ目のキーワードを意識した記事へのリライトを行う事で、2つ目のキーワードでの順位が上がる場合もあります。

では具体的にどのように書いていけばいいのか?

テーマを決めて新規で書く場合と既にある記事をリライトする場合でご説明いたします。

3つ目のキーワードの狙い方(新規で書く場合)

例)Wordpressについての記事を書いている場合

プログラマーさんや、ウェブデザイナーさんなどでWordpressについての記事を書いている方は非常に多いですよね。

WordPressについての記事を書いている場合に考えられる内容としては、

・Wordpressのインストールの方法
・Wordpressで使いたいテーマの選び方
・Wordpressで使っているテーマのカスタマイズ方法

などなど、色々ありますが、これらは割と一般的な内容だと思います。

またWordpressを利用したSEO対策やアクセスアップの方法、アフィリエイトの方法などを書いている方も多いです。

・WordpressのSEO対策
・Wordpressでのアクセスアップの方法
・Wordpressでの記事の書き方

などなど、こういった視点で書かれている方もいるかもしれません。

では、SEOで考えた時に、この「Wordpress」というキーワード。

このビッグキーワードだけを狙うようでは話にならないことはお分かりいただけると思います。

では、「Wordpressのインストールの方法」を例として攻めてみようとした場合、

この記事を書いている今現在、Googleで「Wordpress インストール」で検索すると、以下のキーワードが関連として出てきます。

mac 約 3,040,000 件
windows 約 6,350,000 件
さくら 約 1,070,000 件
ローカル 約 1,270,000 件
centos7 約 318,000 件
方法 約 10,200,000 件
linux 約 1,620,000 件
ディレクトリ 約 752,000 件

これらの中で選ぶべきは自分が書けそうな内容で、検索結果数は多すぎず少なすぎないものです。

この場合「方法」「windows」「mac」の検索結果数は明らかに多いですよね?なので除外します。

「centos7」「linux」などは専門性が高すぎますので、これらを書ける方は限られると思います。

つまり「Wordpressのインストールの方法」を書いているのであれば、

「さくら」「ローカル」「ディレクトリ」

この辺りのキーワードを選んで記事を書いていくといいでしょう。

もちろんこれらは一例ですので、キーワードを選ぶための考え方のひとつだと思って頂ければと思います。

しかし今のご時世、キーワードを詰め込むだけではいけません。

SEO対策を理解している人も年々増えていますから、みんな同じようなことをしますのでどうしても競合してしまいます。

つまりこれらに関わる内容の記事をきちんと追記しないと、無駄な努力になります。

GoogleのSEO対策は「ユーザーに役に立つ内容の記事であること」を意識しないといけません。

つまり上記の場合で言えば、

「さくら」のキーワードを利用する場合「さくらサーバーにWordPressをインストールする方法」、

「ローカル」の場合は「ローカルにWordPressをインストールする方法」、「WordPressをインスルールした際のディレクトリ変更方法」など、

キーワードを用いてユーザーが何を知りたくて検索しているのかを考え、その結果がわかりやすく書かれていることが重要です。

3つ目のキーワードの狙い方(リライト)

1度書いた記事は何度でもリライト(書き直し)して上位表示を目指していけます。

リライト(書き直し)は今ではやって当たり前のことだと思ってください。

上記の例をそのまま活用して「Wordpressのインストールの方法」について既に書かれた記事をリライトする場合、基本的なことは述べた通り、上記のように3つ目のキーワードを選び、追記、修正、文章の配置変えなどをしながら「ユーザーが何を知りたくて検索しているのかを考え、その結果がわかりやすく書かれている」記事に仕上げていく事が重要です。

リライト(書き直し)が完了した記事は短期間で書き換えてしまうのではなく、1度書き換えたら2週間ほど様子を見てみましょう。

検索順位に変動がなければさらに書き換えるべきかもしれませんし、少しでも上昇しているのならさらに様子を見てもいいでしょうし、影響のない範囲で追記してみるなどもいいかもしれません。

リライト(書き直し)の場合はGoogle Consoleなどで書き換え後の推移を細かく検証しながら行ってみるといいかと思います。

「3つ目のキーワードを狙え」について要約すると

つまり今、ブログのアクセス数が増えないのであれば、「3つ目のキーワードを狙った記事を書く」ということです。

既に書いた記事のアクセス数が増えないのであれば、例のような考え方でリライト(書き直し)し、これから書こうと考えている記事の構成は「3つ目のキーワードを狙った記事を書く」といいでしょう。

ビッグキーワードだけを意識した記事の書き方は一旦忘れましょう。

② 読まれる記事を書く

② 読まれる記事を書く

そもそも読まれる記事を書くという考え方については、人によっては難しいものだと思います。

それは

「ブログ」=「日記」

であって、

「日記」=「自己満」

だからです。

これを改善するにはまず「自分の書いているブログが自己満になっていないか?」を理解する必要があります。

読まれる記事とは?

自分の文章を客観的に読める人、読めない人でここの解釈が変わってきますよね。

もし、自分の文章を客観的に読めないと考えている方は、友人や家族に一度読んでもらって、「この記事がおもしろいかどうか」「この記事が役に立ちそうかどうか」を見てもらうといいでしょう。

その上で「読まれる記事」についてじっくり考えてみてください。

・読者が欲しがる情報が詰め込まれているのか
・起承転結は正しくできているのか
・誤字・脱字はないか
・読者がつい読みたくなるような煽り言葉を含めているか

など色々あります。

ただここまで書いておきながら残念な話があります。

それは

読者の多くは文章すべてを読まない

ということです。

書いた記事の50%読まれればいい方でしょう。

もちろん専門性が高いほど、知りたい人はしっかりと読みますので手は抜けません。

読まれる記事の書き方

情報過多のこの時代、ブログにアクセスしてくれたとしても、タイトルは出だしの文章をチラっと読んだだけで、「このページには読みたい内容があると感じられない」と思えばすぐに離脱してしまいます。

なので「読まれる記事」を書くには、先ほどの4つなどは大前提に踏まえた上で、

タイトルと出だしの文章で読みたくなる気分にさせることが非常に重要になってきます。

凄くわかりやすい例として、先ほどの「Wordpressのインストールの方法」についての文章を例としてみましょう。

まずタイトルですが、

「Wordpressのインストールの方法」

だけではまずアクセスされません。

そこで先ほど書いた「第3のキーワード」も非常に重要で、例にあげた「さくら」「ローカル」「ディレクトリ」を使って、

「さくらのWordpressのインストールの方法」
「ローカルのWordpressのインストールの方法」
「ディレクトリのWordpressのインストールの方法」

としてみても、これじゃ何の記事かわかりませんよね。

そこで、

「さくらのレンタルサーバにWordPressをインストールする1番簡単な方法」
「ローカル環境にWordPressをインストールする1番簡単な方法」
「WordPressをディレクトリを指定してインストールする1番簡単な方法」

としてみるとどうでしょうか?

もちろん正解なんてありませんが、先ほどよりは改善されたかと思います。

こうすれば、さくらのレンタルサーバにWordPressをインストールする方法を調べたい時に、1番簡単なと一言添えるだけで、楽にできるなら見てみようと思われ、アクセスの増加も見込めると思います。

そして、続いて重要な出だしの文章ですが、これは検索結果に表示される説明文(description)としても非常に重要な役割を担っています。

ここで読みたくなるようにさせるには、先ほどの「1番簡単な」を後押しするような文章が望ましいでしょう。

ここで1番やっちゃいけないのが、出だしの文章「まずはさくらサーバーとは何なのかご説明します」みたいな文章です。

読者は結論をすぐに欲しがるので、遠まわしな説明、余計な文章は望みません。

書き手としてはあいだに広告を挟んだりしたいので重要なんですが、読み手として余計な情報は邪魔でしかなく、配置箇所によっては離脱の原因にもなりますし、出だしの文章に余計な情報がありそうな予感をさせてしまったら、せっかくタイトルが良くてもアクセスされません。

なので出だしの文章でそういった部分を見せてはいけないんです。

要するに出だしの文章では、至ってシンプルに「さくらのレンタルサーバにWordPressをインストールする1番簡単な方法」についてまとめたよという内容のみが妥当でわかりやすい、と言えるでしょう。

これでタイトルと出だしの文章にインパクトを与えつつ、余計な情報も省く事ができます。

「読まれる記事を書く」について要約すると

ブログのアクセス数が増えないのであれば、自己満ではなく人に読まれる記事を書くことです。

特にアフィリエイトなどでブログのアクセス数を増やしたいのであれば、人が望むものを書き、誘導するのが重要なポイントになるでしょう。

③ 同じテーマの記事をできるだけ量産する

③ 同じテーマの記事をできるだけ量産する

SEO対策については非常に多くのブログで取り上げられておりますが、そのうちこの項目については解説しているブログさんが非常に多いのでご存知かもしれません。

簡潔に言うと、「一番読ませたい記事を主軸に枝分かれ方式でテーマの延長上の記事を増やしていく」ということです。

例えば主軸が「さくらサーバーでのWordpressのインストールの方法」について書いた記事だとしたら、「さくらサーバーの契約方法」だったり「さくらサーバーの使い心地」だったり色々派生させていき、主軸の記事へ内部リンクさせていくという手法になります。

人のブログを読んでいるとよく「この記事も合わせて読んでみてね」などの趣旨のリンクがありますよね。

関連したあらゆるキーワードを軸にした記事を増やしていって、そこから主軸となるページへのリンクを設置することで、主軸となるページへのアクセス数が増えてSEOとしても検索順位が上がっていく場合があります。

ひとつの記事を書いたからこれで終わり、ではなく関連記事を出来るだけ量産させていくのが今のSEOでは重要になっています。

④ SNSや外部からの流入を増やす

④ SNSや外部からの流入を増やす

最後にSNSについてとなりますが、ブログをやるならTwitter、FacebookなどのSNS、またブログランキングなどのサイトへの登録ping送信など、これらは必須です。

しかしこんなこと、何年も前から言われている話で、これらを活用して成功していないからブログのアクセス数が増えないんだと思います。

SNSの場合は、少し手間がかかりますが、ブログのアクセス数が増えないのであればやるべき対策でもありますので、ご紹介いたします。

SNSはURLを投稿するだけじゃダメ

FacebookはAPIの仕様変更によって、ブログ投稿後の自動投稿ができなくなりました。

TwitterもAPIの使用は年々厳しくなっていますので、いつ自動投稿ができなくなるかわかりません。

そして近年、ブログのタイトルにインパクトがあっても、Twitter、FacebookなどのSNSが記事のURLだけが投稿されているようなアカウントにはユーザーも集まりにくくなっています。

日頃から手動でツイートしたり、コメントつきでリツイートしたり、いいねをしたり、アカウントを生かすことが重要です。

SNS上で生きていることをアピールし、その上でプログを更新したらコメントつきでツイートするようにしてみましょう。

Twitterの場合はアナリティクスを利用して、日頃のインプレッションの数値なども追いながらこまめに利用していくことで、SNSからの流入改善につながる可能性も十分に上がります。

では続いて、ブログランキングなどのサイトへの登録やping送信についても対策をご紹介いたします。

ブログランキングなどのサイトへの登録やping送信対策

ブログランキングに登録したのにランキングも上がらなければアクセスも増えない

こんな経験ありませんか?

残念ながらブログランキングの場合、ジャンルによっては例え1位になってもアクセスの流入が難しい場合があります。

INポイント、OUTポイントの数字で判断してみるとわかりますが、この数字が少ない場合、そもそもそのジャンルを活用している層がいないということになりますので、正直ブログランキングを活用する意味がありません。

そういったジャンルで1位をキープするために毎日毎日地道にINポイントを獲得するような作業はいっそやめてしまいましょう。

ただ利点もあって、検索結果に自身のブログとブログランキングのURLの2つが掲載されるメリットもありますが、やはりそこまでして余計な作業を増やすのなら記事のリライトなどに時間を割いた方がいいと考えます。

またINポイント、OUTポイントの数字が多いジャンルでは、SNSのように頻繁にアクセスして色んな人とやりとりしたりと、ブログランキングサイトの中で生きている必要があります。

それに対しての成果が見合わないと判断するなら、やめてしまいましょう。

ping送信についても、近年やる必要ないんじゃないかと考えています。

閉鎖するサイトも年々増加していますからね。

もし利用するのでしたらPINGOO!だけで十分でしょう。

その他で考えられるのが「アンテナサイト」ですが、多くのアンテナサイトはアクセスの多いまとめブログでなければ取り扱ってくれません。

「アンテナサイト」に登録したいのであれば、livedoorブログでまとめサイトをやるのが一番だと思います。

ただその場合、SEO対策度外視で考えた方がいいので、今回の記事の内容にはそぐわない手法となります。

即効性について

ブログのアクセス数が増えない方に伝えたい簡単な4つのSEO改善策として書いてきましたが、即効性についてについては今回一切触れていませんので軽くお話させて頂きます。

ブログを書く時に、日記を目的としているならば、その中身がよっぽどおもしろくないと読まれません。

または書いている方自身が有名人じゃないと読まれません。

そして、ブログの記事をアップして、SNSやはてなブックマークなどで拡散されたり、すぐに検索上位に表示されるようになってアクセスが獲得できるのは、アクセスアップの法則を知っている限られた人たちの話です。

素人はそんなところで試行錯誤するなら、ボリュームのある記事制作をこなすべきです。

ブログのアクセス数成果を実感できるのは一般的に早くて1か月後、遅くて3ヶ月から半年後だと思うようにしましょう。

即効性を期待するから、ブログを始めてもすぐにやめてしまう人が多いんですよね。

もちろん、いざブログを始めてみたら多くの人に読んでもらいたくて、アクセスアップを望むものですが、ブログは継続あってこそのものですので、まずは考え方を変えてみましょう。

ブログを立ち上げて1週間程度でブログのアクセス数が増えないと思っている方は、

まず1ヶ月以上継続しつつ、

「① 3つ目のキーワードを狙え」
「② 読まれる記事を書く」
「③ 同じテーマの記事をできるだけ量産する」について見直しながら、
「④ SNSや外部からの流入を増やす」にも力を入れて流入を煽る。

何年もブログを運営していてブログのアクセス数が増えないと思っている方は
「① 3つ目のキーワードを狙え」
「② 読まれる記事を書く」
「③ 同じテーマの記事をできるだけ量産する」について見直し、
「④ SNSや外部からの流入を増やす」を行って書き直した記事を読んでもらえるようにしながら、
検索上位が目指せるか1ヶ月以上様子を見る。

Googleの検索結果の変動は忘れた頃にやってくると考える様にするのがいいかもしれません。

さいごに

ブログのアクセス数が増えない方に伝えたい簡単な4つのSEO改善策として書いてきましたが、要約すると

① 3つ目のキーワードを狙え
② そもそも読まれる記事を書く
③ 同じテーマの記事をできるだけ量産する
④ SNSや外部からの流入を増やす

この4つがブログのアクセス数を効果的に最も増やす簡単な方法だと思います。

アクセスアップの方法はジャンルや戦略によってそれぞれ違ったりもするので、これでアクセスが確実に上がると言うつもりもありませんが、最低でもこのくらいはやってみるべきだと思います。

アクセスアップについて書かれた記事は多数存在しますが、その多くの答えは「ユーザーファースト」です。

言葉にするのは簡単ですがこれが意外と難しいので、一番わかりやすい4つの方法についてご説明させていただきました。

少しでも参考になれば幸いです。