【WordPressプラグイン】カスタムフィールド「Advanced Custom Fields」のフィールドグループ一覧

【WordPressプラグイン】カスタムフィールド「Advanced Custom Fields」のフィールドグループ一覧

WordPressには、記事のタイトルや本文以外に別の情報を追加してサイトに掲載する属性を設定できる「カスタムフィールド」というものがあります。

「カスタムフィールド」を幅広い用途に対応するために「Advanced Custom Fields」というプラグインがあります。

「Advanced Custom Fields」はプラグインの中でも有名で、すでに利用されている方もいるかと思いますが、幅広い用途に対応している分、設定できる内容が充実しすぎていて覚えられません笑

そこで今回は「Advanced Custom Fields」のフィールドグループについて解説していきます。

「Advanced Custom Fields」のフィールドグループについて

フィールドラベルフィールドのラベル名を入力。日本語可能。
フィールド名フィールドの出力に利用するため半角英数字、アンダースコア、ダッシュのいずれかで名称を入力。
フィールドタイプフィールドタイプについてを参照
説明投稿者向けの説明。編集時に表示されます。
必須か?「はい」にした場合、該当のフィールドが表示されている編集画面では、このフィールドが未入力になっていると記事の保存や更新ができなくなります。
デフォルト値新規投稿を作成時に表示されます。
条件判定条件判定を参照
ラッパーの属性編集画面の該当フィールドを囲っているdiv要素に対して付与されます。

フィールドタイプについて

テキスト簡単なテキストが入力できる
テキストエリア長文テキストが入力できる
数値数値を入力できる
Range0から100で数値を選択できる
メールメールアドレスが入力できる
URLURLが入力できる
パスワードパスワードが入力できる
画像画像をアップロードして選択できる
ファイルファイルをアップロードして選択できる
Wysiwygエディタ投稿エディターが利用できる
oEmbedビデオ、画像、ツイート、オーディオ、その他のコンテンツを簡単に埋め込むことができる
Selectドロップダウン選択または複数選択入力を作成
チェックボックスチェックボックスフィールドを作成
ラジオボタン選択可能なリストを作成
Button Group値が選択できる
真/偽True / Falseの値が選択できる
Linkリンク(URL、タイトル、ターゲット)が選択できる
投稿オブジェクトページ+投稿+カスタム投稿タイプを選択できる選択フィールドを作成
ページリンク1つ以上の投稿、ページ、またはカスタム投稿タイプを選択できる
関連ページ+投稿+カスタム投稿タイプから選択できる
タクソノミー選択内容をメタデータとして保存する、またWP_Queryタクソノミークエリの「期間に投稿」関係データを保存するオプションを選択
ユーザー1人以上のユーザーを選択できる
GoogleマップGoogleマップが設定できる
デイトピッカーjquery日付選択ポップアップを作成
Date Time PickerjQueryの日時選択ポップアップを作成
Time PickerjQuery時間選択ポップアップを作成
カラーピッカーjavascriptポップアップを使用して色を選択
メッセージ指定した管理画面に、任意のメッセージを表示できる
アコーディオンフィールドを折りたたみ可能なパネルに整理できる
タブフィールドをタブセクションにグループ化できる
グループフィールドのグループを作成できる

条件判定について

Has any value何か入力されている場合
Has no value何も入力されていない場合
Value is equal to入力値が条件と一致する場合
Value is not equal to入力値が条件と一致しない場合
Value matches pattern入力値が条件の正規表現と一致する場合
Value contains入力値に条件の値が含まれている場合

「Advanced Custom Fields」のインストール

「Advanced Custom Fields」のインストールは、プラグイン→新規追加→「Advanced Custom Fields」で検索で出てきますので、そのからインストールして有効化すれば利用できます。