【映画】MCU「アベンジャーズ/エンドゲーム」の完全ネタバレ有あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】MCU「アベンジャーズ/エンドゲーム」の完全ネタバレ有あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

2019年4月26日にMCUシリーズ22作目として公開された「アベンジャーズ/エンドゲーム」

全世界映画興行収入歴代4位にランクインしている前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」から約1年、公開から約3ヶ月(公開13週目)で累計興行収入額は27億9020万ドル(約3007億3000万円)に達し、10年歴代1位に君臨していた「アバター」を抜いて見事歴代1位となった名作。

この記事では今まで様々なリーク情報や考察などを行ってきた答え合わせとも言える完全ネタバレ記事として、「アベンジャーズ/エンドゲーム」について語りつくしたいと思います。

完全ネタバレ記事ですので、まだ「アベンジャーズ/エンドゲーム」、関連するMCU映画を観ていない方、完全ネタバレ記事を読みたくない方はここでページを閉じてください。

MCU「アベンジャーズ/エンドゲーム」の完全ネタバレ有あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「アベンジャーズ/エンドゲーム」のあらすじ

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』本予告編

アベンジャーズとガーディアンズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が一瞬で消滅。宇宙空間を漂っていたトニーとネビュラを、キャプテン・マーベルが発見し地球へ帰還し、サノスのスナップから生き残ったメンバーはアベンジャーズ基地に集結する。サノスからストーンを奪いすべてを元に戻すため、居場所を知っていると話すネビュラの話から、体力を消耗しきっているトニーを除きアベンジャーズはサノスがいるガーデンへ向かう。

② 「アベンジャーズ/エンドゲーム」のキャスト

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のキャスト

役名俳優
トニー・スターク(アイアンマン)
Tony Stark (Iron Man)
ロバート・ダウニー・Jr
Robert Downey Jr.
スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)
Steve Rogers (Captain America)
クリス・エヴァンス
Chris Evans
ソー
Thor
クリス・ヘムズワース
Chris Hemsworth
ブルース・バナー(ハルク)
Bruce Banner (Hulk)
マーク・ラファロ
Mark Ruffalo
ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)
Natasha Romanoff (Black Widow)
スカーレット・ヨハンソン
Scarlett Johansson
クリント・バートン (ホークアイ / ローニン)
Clint Barton (Hawkeye / Ronin)
ジェレミー・レナー
Jeremy Renner
ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ウォーマシン)
James “Rhodey” Rhodes (War Machine)
ドン・チードル
Don Cheadle
スコット・ラング(アントマン)
Scott Lang (Ant-Man)
ポール・ラッド
Paul Rudd
ホープ・ヴァン・ダイン(ワスプ)
Hope van Dyne (Wasp)
エヴァンジェリン・リリー
Evangeline Lilly
キャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)
Carol Danvers (Captain Marvel)
ブリー・ラーソン
Brie Larson
スティーヴン・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)
Dr. Stephen Strange
ベネディクト・カンバーバッチ
Benedict Cumberbatch
ウォン
Wong
ベネディクト・ウォン
Benedict Wong
ピーター・パーカー(スパイダーマン)
Peter Parker (Spider-Man)
トム・ホランド
Tom Holland
ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)
Wanda Maximoff (Scarlet Witch)
エリザベス・オルセン
Elizabeth Olsen
サム・ウィルソン(ファルコン)
Sam Wilson (Falcon)
アンソニー・マッキー
Anthony Mackie
バッキー・バーンズ(ウィンター・ソルジャー)
Bucky Barnes (Winter Soldier)
セバスチャン・スタン
Sebastian Stan
ペッパー・ポッツ(レスキュー)
Pepper Potts (Rescue)
グウィネス・パルトロー
Gwyneth Paltrow
ヴァルキリー
Valkyrie
テッサ・トンプソン
Tessa Thompson
ティ・チャラ(ブラックパンサー)
T’Challa (Black Panther)
チャドウィック・ボーズマン
Chadwick Boseman
シュリ
Shuri
レティーシャ・ライト
Letitia Wright
オコエ
Okoye
ダナイ・グリラ
Danai Gurira
エムバク
M’Baku
ウィンストン・デューク
Winston Duke
ピーター・クイル(スター・ロード)
Peter Quill (Star-Lord)
クリス・プラット
Chris Pratt
ロケット
Rocket
ブラッドリー・クーパー
Bradley Cooper
ネビュラ
Nebula
カレン・ギラン
Karen Gillan
ガモーラ
Gamora
ゾーイ・サルダナ
Zoe Saldana
ドラックス
Drax the Destroyer
デイヴ・バウティスタ
Dave Bautista
グルート
Groot
ヴィン・ディーゼル
Vin Diesel
マンティス
Mantis
ポム・クレメンティエフ
Pom Klementieff
ロキ
Loki
トム・ヒドルストン
Tom Hiddleston
ハッピー・ホーガン
Happy Hogan
ジョン・ファヴロー
Jon Favreau
ハーレー・キーナー
Harley Keener
タイ・シンプキンス
Ty Simpkins
フライデー(声)
F.R.I.D.A.Y. (Voice)
ケリー・コンドン
Kerry Condon
ハワード・スターク(トニーの父親)
Howard Stark
ジョン・スラッテリー
John Slattery
エドウィン・ジャーヴィス
Edwin Jarvis
ジェームズ・ダーシー
James D’Arcy
モーガン・スターク(幼少期)
Morgan Stark
レクシー・レイブ
Lexi Rabe
モーガン・スターク(本編未公開)
Morgan Stark
キャサリン・ラングフォード
Katherine Langford
マリア・ヒル
Maria Hill
コビー・スマルダーズ
Cobie Smulders
ニック・フューリー
Nick Fury
サミュエル・L・ジャクソン
Samuel L. Jackson
エンシェント・ワン
Ancient One
ティルダ・スウィントン
Tilda Swinton
キャシー・ラング
Cassie Lang
エマ・ファーマン
Emma Fuhrmann
ジャネット・ヴァン・ダイン(初代ワスプ)
Janet van Dyne
ミシェル・ファイファー
Michelle Pfeiffer
ハンク・ピム(初代アントマン)
Hank Pym
マイケル・ダグラス
Michael Douglas
サディアス・ロス将軍
Thaddeus Ross
ウィリアム・ハート
William Hurt
フリッガ(ソーの母親)
Frigga
レネ・ルッソ
Rene Russo
ジェーン・フォスター
Jane Foster
ナタリー・ポートマン
Natalie Portman
コーグ
Korg
タイカ・ワイティティ
Taika Waititi
クラグリン・オブフォンテリ
Kraglin Obfonteri
ショーン・ガン
Sean Gunn
ペギー・カーター
Peggy Carter
ヘイリー・アトウェル
Hayley Atwell
メイ・パーカー(ピーターの叔母)
May Parker
マリサ・トメイ
Marisa Tomei
ネッド
Ned
ジェイコブ・バタロン
Jacob Batalon
ラモンダ(ティ・チャラとシュリの母親)
Ramonda
アンジェラ・バセット
Angela Bassett
ローラ・バートン(クリントの妻)
Laura Barton
リンダ・カーデリーニ
Linda Cardellini
ライラ・バートン(クリントの娘)
Lila Barton
アヴァ・ルッソ
Ava Russo
エボニー・マウ
Ebony Maw
トム・ヴォーン=ローラー
Tom Vaughan-Lawlor
コーヴァス・グレイヴ
Corvus Glaive
マイケル・ジェームズ・ショウ
Michael James Shaw
カル・オブシディアン
Cull Obsidian
テリー・ノタリー
Terry Notary
プロキシマ・ミッドナイト
Proxima Midnight
モニーク・ガンダートン
Monique Ganderton
アレクサンダー・ピアース
Alexander Pierce
ロバート・レッドフォード
Robert Redford
ジャスパー・シットウェル
Jasper Sitwell
マキシミリアーノ・ヘルナンデス
Maximiliano Hernández
ブロック・ラムロウ(クロスボーンズ)
Brock Rumlow
フランク・グリロ
Frank Grillo
ジャック・ロリンズ
Jack Rollins
カラン・マルヴェイ
Callan Mulvey
アキヒコ
Akihiko
真田広之
Hiroyuki Sanada
レッド・スカル
Red Skull (Stonekeeper)
ロス・マーカンド
Ross Marquand
カー・ドライバー(カメオ出演)
Car driver (Cameo)
スタン・リー
サノス
Thanos
ジョシュ・ブローリン
Josh Brolin

③ デシメーション(指パッチン)で生き残った人と消滅した人

前作「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」の最後にデシメーション(指パッチン)で生き残った人と消滅してしまった人をまずおさらいします。

デシメーション(指パッチン)で生き残った人

役名
トニー・スターク(アイアンマン)
Tony Stark (Iron Man)
スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)
Steve Rogers (Captain America)
ソー
Thor
ブルース・バナー(ハルク)
Bruce Banner (Hulk)
ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)
Natasha Romanoff (Black Widow)
クリント・バートン (ホークアイ / ローニン)
Clint Barton (Hawkeye / Ronin)
ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ウォーマシン)
James “Rhodey” Rhodes (War Machine)
スコット・ラング(アントマン)
Scott Lang (Ant-Man)
キャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)
Carol Danvers (Captain Marvel)
ペッパー・ポッツ(レスキュー)
Pepper Potts (Rescue)
ヴァルキリー
Valkyrie
オコエ
Okoye
ロケット
Rocket
ネビュラ
Nebula
サノス
Thanos

デシメーション(指パッチン)で消滅した人

役名
スティーヴン・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)
Dr. Stephen Strange
ピーター・パーカー(スパイダーマン)
Peter Parker (Spider-Man)
ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)
Wanda Maximoff (Scarlet Witch)
サム・ウィルソン(ファルコン)
Sam Wilson (Falcon)
バッキー・バーンズ(ウィンター・ソルジャー)
Bucky Barnes (Winter Soldier)
ホープ・ヴァン・ダイン(ワスプ)
Hope van Dyne (Wasp)
ティ・チャラ(ブラックパンサー)
T’Challa (Black Panther)
シュリ
Shuri
ピーター・クイル(スター・ロード)
Peter Quill (Star-Lord)
ドラックス
Drax the Destroyer
グルート
Groot
マンティス
Mantis
マリア・ヒル
Maria Hill
ニック・フューリー
Nick Fury
ジャネット・ヴァン・ダイン(初代ワスプ)
Janet van Dyne
ハンク・ピム(初代アントマン)
Hank Pym
サディアス・ロス将軍
Thaddeus Ross
メイ・パーカー(ピーターの叔母)
May Parker
ネッド
Ned
ラモンダ(ティ・チャラとシュリの母親)
Ramonda
ローラ・バートン(クリントの妻)
Laura Barton
ライラ・バートン(クリントの娘)
Lila Barton

④ 登場した人しない人

登場した人しない人

登場人物は前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」以上。そのため3時間2分の中に多くの場面がちりばめられ、事前に噂はされていたもののキャストとして公表されずに登場した人物ではナタリー・ポートマンが一番のサプライズだったと思います。実際には声のみ差し替えて「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の未公開映像を使用しているようですね。また同一のシーンで登場したフリッガ役のレネ・ルッソも事前に公表はされていなかったと思います。

また「アベンジャーズ/エンドゲーム」の中で特例に近いものとしては、海外ドラマ「エージェント・カーター」からエドウィン・ジャービス役のジェームズ・ダーシーも出演していました。これはドラマを観ていないと気づけないですね。

意外にも「エージェント・オブ・シールド」は参戦しなかったのは少し残念ですが、3時間2分にこれだけの出演者がいて、一切セリフのなかったキャラクターもいますので、これ以上は詰め込められないというのはよくわかります。

また登場しなかった人としては初期から貢献してきたヴィジョン役のポール・ベタニーは「インフィニティ・ウォー」でマインド・ストーンを奪われ死んでしまい、本作には登場しませんでした。

⑤ 考察合戦の結果は?

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の公開から約1年、様々な考察合戦が繰り広げられたのもこの映画の大きな特徴です。そんな中でほとんどの考察を覆したのが、

サノスを早い段階で殺す
インフィニティー・ストーンが破壊されてしまう
デシメーション(指パッチン)から5年も経過する

この3つ。これらを考察した人はおそらくほとんどいなかったのではないでしょうか。

時系列が非常に混乱してしまいますが、サノスのスナップで消えた人たちが戻ってくるまで、5年も経過していました。その間、トニーとペッパーには娘が誕生し、ブルース・バナーはプロフェッサー・ハルクへと変貌を遂げ、5年経過しスコット・ラングが量子トンネルから出てきます。

ソーに至って飲んだくれの中年オヤジに。この長髪に長い髭の腹の出たオヤジ版ソーは予告動画でもポスターでも一切出てきませんでしたね。ある意味ハルクより考察できない流れでした。

そして、特に契約満了と言われている人たちがどのように幕引きをするのか。一番多かった「キャプテン・アメリカの死」は厳密にはありませんでしたが、ソウルストーンを得るためにナターシャが自ら犠牲となり、サノス軍を消すためトニーが自らガントレットを手にしスナップすることで死んでしまうというサプライズ。

この2名が死んでしまうことを考察した人はほとんどいないんじゃないでしょうか。

またサノスが2度死ぬっていう考察をした人もいないと思います。おそらくですが過去から来たサノスも死んだので、過去の時間軸で誰かがサノスを蘇らせるためにストーンを集めない限りは、過去の時間軸でインフィニティ・ウォーは起きないことになるっていうことも考えられます。

ただ過去に飛んだ年代がそれぞれバラバラなので、例えばニューヨーク決戦の2012年のサノスは存在してて、おそらくストーンを集めてスナップすると思うのですがそうした場合、2014年のサノスはエンドゲームの舞台で生き返るのかどうか。そこまで伏線が貼られていたら非常に恐ろしいですけどね。

また多くの考察の中でもありました通り、タイムトラベル自体は実際に行いましたが、従来のSF映画の法則に反し「過去を変えても現代に影響はない」という理論によって多くの考察をことごとく粉砕したように思います。

⑥ タイム泥棒作戦

タイム泥棒作戦

「タイム泥棒」と名付けられた作戦で、量子トンネルを使って過去へ戻り、ストーンを奪って帰ってくるという「過去を変えても現代に影響はない」という理論でストーンを持ち帰って現代で指パッチンをする作戦にでます。

これは時間軸の問題で、例え過去を変えても、過去の時系列が変わるだけで元の時代に戻ってきても変化がない、というものです。そのためタイムトラベルをしたアベンジャーズたちはストーンを1から集め、現代に持って帰ってきます。

一般的なタイムトラベル

ほとんどのタイムトラベルはこのような流れになっているので、過去を変えると新たな時間軸(並行世界)が出来上がり、その延長線上の未来に戻るため未来も変わる。

という事だと思うんですよね。

ただ「アベンジャーズ/エンドゲーム」の場合は

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のタイムトラベル

このようにどれだけ時間軸ができても、出発地点に戻れる仕組みになっています。

これは量子世界における時間移動では、目的の時代へ行って元の場所に戻ってこれないという概念が少し複雑にさせていて、トニーが開発したGPSつきのもののおかげなのか、量子世界での時間移動における法則なのか、難しい話になるのでよくわかりませんが、こういった解釈でほぼ間違いないかと思います。

トニーは「EPRパラドックス、時を超えるはずが時が彼を超えた」と言って時空を超えるGPSを開発しました。

「EPRパラドックス」とはアインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックスのことで、量子力学の量子もつれ状態が局所性を(ある意味で)破るので、相対性理論と両立しないのではないかというパラドックスのこと。

「時を超えるはずが時が彼を超えた」とは、テストで1週間前に遡ろうとしたスコット・ラングが、過去へ行けずにスコット・ラング自体に時間が生じてしまって、赤ん坊になったりおじいちゃんになったりしたわけですね。

最後に、タイム泥棒作戦にて「だれがいつの時代・場所へどのストーンを回収しに行ったのか」をまとめてみました。

トニー・スターク(アイアンマン)
スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)
ブルース・バナー(ハルク)
スコット・ラング(アントマン)
2012年
ニューヨーク
スペース・ストーン(回収失敗)
マインド・ストーン
タイム・ストーン
トニー・スターク(アイアンマン)
スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)
1970年
ニュージャージー州
スペース・ストーン
(ピム粒子)
ソー
ロケット
2013年
アスガルド
リアリティ・ストーン
(ムジョルニア)
ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ウォーマシン)
ネビュラ
2014年
惑星モラグ
パワー・ストーン
ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)
クリント・バートン (ホークアイ)
2014年
惑星ヴォーミア
ソウル・ストーン

⑦ アベンジャーズ・アッセンブルからラスト8分

アベンジャーズ・アッセンブルからラスト8分

かつてキャプテン・アメリカが、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のラストにて「アベンジャーズ!…」と叫ぶシーンがあり、そこでは勿体ぶって「アッセンブル!」と言わずに終わりました。

今作ではサノス軍との最後の対決で、デシメーション(指パッチン)から復活を遂げたヒーローも集まり、いざサノス軍との最終決戦、というタイミングで遂に出たセリフ「アベンジャーズ・アッセンブル」。

ここからテーマソングが流れるシーンが何度観ても最高ですね。キャプテン・アメリカがボソッと「アッセンブル」と言った直後にソーが発狂するもの味がありますね。

トニーのスナップによってサノス軍を消滅させることに成功しますが、ここで「アベンジャーズ/インフォニティ・ウォー」でサノスがスナップした時のような映像が未公開シーンとして存在しており、ここでずっと謎だったキャサリン・ラングフォードが成長した娘のモーガン役で登場するというサプライズ。

このシーンは本編でカットされてしまったため、キャサリン・ラングフォードが本編に登場することがなかったのですが、個人的に本編に出演できなくてギャラどうなるんだろう?ってそっちの心配をしちゃいましたが結局多くを語らずにトニーは死んでしまいましたね。

「ラスト8分の全キャラクター総出演のシーンがある」というのは公開前の事前情報であかされてましたが、まさかトニーの葬儀だとは思いもしませんでした。そして最後はキャプテン・アメリカとペギー・カーターのシーンで幕を閉じます。

アベンジャーズメンバーの中ではトニー、キャプテン、ナターシャの最後は本当の最後なんだなと感慨深い印象を受けましたが、ソー、バナー、バートンはまたいつでもどこかで出演できそうな終わり方でした。

⑧ 「アベンジャーズ/エンドゲーム」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)では505件のレビューに基づく94%もの前向きなレビューで8.24/10と前作を上回る高評価。ユーザースコアは69,214件のレビューで4.5とこちらも高い評価。

Metacriticでは57件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中78点とこちらも高評価。ユーザースコアは4680件で7.8/10。

⑨ 「アベンジャーズ/エンドゲーム」日本での評価

Yahoo!映画での評価は9,602件のレビューで平均評価は3.8と平均よりも少し数字。

映画.comは842件中4.3とこちらは高評価と言えるでしょう。

映画レビューサイトFilmarksでは18,387件のレビューで4.5と、1万件以上のレビューでこの評価は相当高いと言えます。

2019年の興行収入で見ると、61.3億円で邦画洋画含むすべての作品で年間8位の興行収入と高い数字ではありますが、市場規模1位のアメリカでは1位、市場規模2位の中国では3位と好成績となっているため、日本での人気は世界に比べると若干弱い印象もあります。

⑩ 今後の伏線と展開

今後の伏線と展開

ニューヨーク決戦直後、ストーンの回収に失敗し捕まっていたロキに奪われそのまま消えてしまっています。ここはロキを主人公にしたDisney+(ディズニープラス)にてオリジナルドラマの制作が決定しているため、その伏線としか思えない印象を受けます。

ナターシャことブラック・ウィドウの単独映画が2020年公開されますが、この時系列は「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」の直後のようです。

さらにソーの最後がまさかのガーディアンズと共に旅へ出るというもの。ソーは単体作品ではMCU最長の4作目となる「マイティ・ソー/ラブ&サンダー」の公開が決まっていますが、ジェームス・ガン監督も戻ってきたガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3に参加するのでしょうか。とつい考えてしまいます。

色々考えさせられる構成になっているのも「アベンジャーズ/エンドゲーム」の特長で、多くを語らないシーンが多すぎるとも思ったのが正直なところ。

その反面MCUではほぼ全てにあるエンドクレジット後でのシーンが一切ないというラストを感じさせる終わり方でした。

最後エンドクレジットまで見たのに「あれ?終わり?」と思った方も多いと思います。

その後「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で「フェイズ3(第3シーズン)」および、2008年公開のMCU第1作『アイアンマン』から始まった「インフィニティ・サーガ」の最後を飾りました。

MCUの「フェイズ4」は「ブラック・ウィドウ」から始まり、「エターナルズ」「シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス」「スパイダーマンの3作目」「マイティ・ソー/ラブ&サンダー」「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」が予定されており、並行してDisney+(ディズニープラス)にてオリジナルドラマ「ロキ」「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の配信も決まっており、ドラマと映画の連動がフェイズ4からのひとつのポイントとなるようです。

他にも「キャプテン・マーベル」「ブラック・パンサー」「アントマン」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編も考えられているようですので期待大ですね。

そして全員集合のアベンジャーズのようなものが構成されるのかどうか、その辺りにも期待したいところです。

まとめ

「アベンジャーズ/エンドゲーム」について色々まとめてみましたが、多くの方がラストに相応しい最高傑作だと言っています。

個人的にも最高傑作だとは思うんですが、もう少し掘り下げてインフィニティ・ウォーから3部作構成にして欲しかったと思えてしまうほど、「アベンジャーズ/エンドゲーム」は濃い内容でした。

トニー・スタークにとってはアイアンマン誕生から死ぬまでの人生総括とも言えますし、ラストシーンはキャプテン・アメリカで締めくくるという2人にとって最高の終わり方かもしれません。

今後の展開も楽しみですが、トニーもナターシャもストーンが原因で死んでしまっているので復活できる策を講じて欲しいですね。戦闘でも事故でもない死に方なので今後もしかしたら…あり得るかもしれません。