【映画】「最強のふたり」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】「最強のふたり」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【こちらもCHECK!!】→ 【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社比較ランキング、今話題の海外ドラマや洋画が見られる動画配信サービスは?

2011年に公開されたフランス映画「最強のふたり」

頸髄損傷で体が不自由な富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)と、その介護人ドリス(オマール・シー)となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマで、2011年にフランスで公開された映画の観客動員数では1位を獲得しているヒット作です。

ご存知の方も多いとは思いますが改めてあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介したいと思います。

「最強のふたり」をまだ観たことがない方はこれを機会に是非おすすめしたい映画です。

※なるべくネタバレ回避していますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

「最強のふたり」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

「最強のふたり」のあらすじ

パリに住む頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体が不自由な富豪のフィリップと秘書のマガリーは、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこない、そこにドリスが面接を受けに来る。

しかしドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。

「最強のふたり」のキャスト

「最強のふたり」のキャスト

役名俳優
フィリップ
Philippe
フランソワ・クリュゼ
François Cluzet
ドリス
Bakary “Driss” Bassari
オマール・シー
Omar Sy
イヴォンヌ
Yvonne
アンヌ・ル・ニ
Anne Le Ny
マガリー
Magalie
オドレイ・フルーロ
Audrey Fleurot
マルセル
Marcelle
クロティルド・モレ
Clotilde Mollet
エリザ
Elisa
アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
Alba Gaïa Bellugi
バスティアン
Bastien
トマ・ソリヴェレ
Thomas Soliveres
アルベール
Albert
クリスティアン・アメリ
Christian Ameri
アントニー
Antoine
グレゴリー・オースターマン
Grégoire Oestermann
ミナ
Mina
アブサ・ダイヤトーン・トゥーレ
Absa Dialou Toure
アダマ
Adama, Driss’s Cousin
シリル・マンディ
Cyril Mendy
エレノア
Eleonore
ドロテ・ブリエール・メリット
Dorothy Briere Meritte
ナタリー・ルコント
Nathalie Lecomte
ジョセフィーヌ・デ・ミオー
Joséphine de Meaux

実話がもとの感動作

実話がもとの感動作

この映画のモデルになったフィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴは事故で頸髄損傷となり、2001年に自身のこと、そして介護人アブデル・ヤスミン・セローとのことを書いた本を出版しました。

この二人の物語がテレビに取り上げられ、2003年にはドキュメンタリーが製作されましたが、これに感化された監督がフィリップに実際に会い行き、脚本を書き上げ、映画化が実現したそうです。

映画の最後には実際の二人の写真も出てくるので注目です。

話題の若手フランス俳優オマール・シー

オマール・シー

オマール・シーは、フランスのスラム地区に住み、6ヶ月に渡り服役していながら、脊髄損傷のため体が麻痺して不自由な大富豪で気難しいフィリップの介護人を担当することになるドリスを演じています。

爽やかな笑顔とどストレートなジョークが魅力の彼。演じているのはコメディアンでもあるオマール・シーでこの役にぴったりの俳優と言えます。

また彼はフランス映画だけでなく「ジュラシック・ワールド(2015)」「X-MEN:フューチャー&パスト(2014)」にも出演しており、ワールドワイドに活躍しています。

共同で脚本・監督を務めたエリック・トレダノオリヴィエ・ナカシュは、2009年の映画「Tellement proches」でのオマール・シーとの仕事を楽しんでできたとのことで、設定を変えてまで起用しています。

フランスの社会問題をシリアスそしてコミカルに描く

移民問題や格差の問題を抱えるフランスの現状や、障害者と健常者の問題といったシリアスな問題がテーマになっており、考えさせられるシーンもたくさんあります。

一方で、正反対の性格や立場の主人公二人が織りなすコミカルなシーンも満載で、ブラックジョークからクスッと笑えてほんわかするようなジョークまで楽しめ、コメディ映画としても大満足な作品です。

数々の賞を受賞!

差別などのタブーを扱いながら、高い評価を得ているこの作品。セザール賞ではオマール・シーの主演男優賞受賞以外にも、監督、撮影、脚本等々計8部門でノミネートされています。

また日本でも高く評価されており、日本で公開されたフランス映画歴代1位の興行収入を記録。第24回東京国際映画祭や第36回日本アカデミー賞でも最優秀外国作品賞を受賞しています。

ハリウッドリメイクも

大ヒットした本作は、アメリカでリメイクされ、2019年に「人生の動かし方」というタイトルで公開されました。

キャストはなんと大女優ニコール・キッドマンや、フィリップ役のブライアン・クランストンはカルト的人気を博したドラマ「ブレイキング・バッド」で名を馳せた名優で、かなり豪華なキャストとなっています。

またリメイク版では設定にも少し手を加えているようで、本作との違いも楽しめます。

「人生の動かし方」はAmazonプライムのオリジナル映画として配信されています。

実話との相違点

劇中では雇ったのはドリスというアフリカ系の黒人になっているが、実際はアルジェリア出身のアブデルという青年(当時24歳)でした。

劇中、フィリップの妻ベアトリスはすでに死亡したことになっているが、実際に彼女ががんで亡くなったのは、アブデルが家にやって来てから4年後の96年5月のこと。

映画では、ドリスの弟が助けを求めに来たことをきっかけに、雇用関係を解消。ほんの1年程度の出来事のような印象ですが、実際には10年間にわたって面倒を見ており、2人はモロッコへ移住しますが、アブデルが現地の女性を好きになったため、アブデルの将来のことを考えて、フィリップの方から契約を解除しています。

「最強のふたり」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は122件のレビューに基づく75%もの前向きなレビューで6.7/10と高評価。

Metacriticでは31件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中57点とこちらは割と平均的。

⑩ 個人的な感想

シビアな題材で成功すると同じようなことをしたがる人達が増えるようにも思いますが、それだけ完成度の高い作品であると言えるかと思います。そして完成度の高い作品としてはやはりオマール・シーの存在が大きいなとも思いました。

間違いなく名作です。

まとめ

「最強のふたり」について色々まとめてみましたが、NetflixでもAmazonプライムビデオでも見られるようなので、気になった方は是非観て頂きたいです。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。