【映画】おすすめ「アイアンマン」のネタバレ有あらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】おすすめ「アイアンマン」のネタバレ有あらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

様々な「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の第一弾作品として2008年に公開された映画「アイアンマン」

ロバート・ダウニー・Jrが主演を務め、マーベルの映画製作部門であるマーベル・スタジオが自社初の独立製作(インディペンデント)作品として2006年頃から製作が進められた作品です。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ1第1作目ということもありご存知の方も多いとは思いますが今回は「アイアンマン」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントやトリビア、感想・評価・レビューなど、その概要を完全ネタバレ有でご紹介したいと思います。

「アイアンマン」のあらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「アイアンマン」のあらすじ

「アイアンマン」予告編

巨大軍需産業「スターク・インダストリーズ」の社長であるトニー・スタークは、自身が開発したクラスターミサイル「ジェリコ」のプレゼンテーションのため、アメリカ空軍を訪問。しかし、移動中にテロ組織「テン・リングス」がトニーを襲撃し、爆風で吹き飛ばされ意識を失ってしまう。

テン・リングスの拠点である洞窟に拉致されたトニーは、爆発の際飛び散ったミサイルの破片がトニーの心臓周辺に突き刺さり、電磁石で破片を引き留めておくため胸に車載用バッテリーに繋がった電磁石が取り付けられていた。トニーは解放の条件としてジェリコの組み立てを強要されるが、同じく捕虜で彼に電磁石を取り付けて救命措置を施したホー・インセン博士と一緒にエネルギーを生み出す熱プラズマ反応炉「アーク・リアクター」の小型版を、ジェリコ製作に見せかけて開発。胸に接続して生命維持を可能にする小型アーク・リアクターを完成させたトニーは、続いてアーク・リアクターと連動するパワードスーツ「マーク1」を開発。インセンが自らの命を引き換えにして時間を稼ぎ、その間にアーマーを起動させたトニーは、圧倒的なパワーでゲリラを退けて脱出。アフガニスタン辺境の砂漠に墜落したトニーは、ローディ率いる米軍の捜索隊に保護されてアメリカに帰還した。

② 「アイアンマン」のキャスト

「アイアンマン」のキャスト

役名俳優
トニー・スターク(アイアンマン)
Tony Stark (Iron Man)
ロバート・ダウニー・Jr
Robert Downey Jr.
ジェームズ・“ローディ”・ローズ
James “Rhodey” Rhodes
テレンス・ハワード
Terrence Howard
オバディア・ステイン(アイアンモンガー)
Obadiah Stane (Iron Monger)
ジェフ・ブリッジス
Jeff Bridges
ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
Virginia “Pepper” Potts
グウィネス・パルトロー
Gwyneth Paltrow
クリスティン・エヴァーハート
Christine Everhart
レスリー・ビブ
Leslie Bibb
インセン
Ho Yinsen
ショーン・トーブ
Shaun Toub
ラザ
Raza
ファラン・タヒール
Faran Tahir
フィル・コールソン
Phil Coulson
クラーク・グレッグ
Clark Gregg
J.A.R.V.I.S.(声)
J.A.R.V.I.S. (Voice)
ポール・ベタニー
Paul Bettany
ハロルド・“ハッピー”・ホーガン
Happy Hogan
ジョン・ファヴロー
Jon Favreau
アレン少佐
Major Allen
ティム・ギニー
Tim Guinee
パーティーの男
Man at the party
スタン・リー
Stan Lee
ニック・フューリー
Nick Fury
サミュエル・L・ジャクソン
Samuel L. Jackson

③ ここからすべてが始まった

ここからすべてが始まった

巨大軍需産業の社長が、「アイアンマン」となり自らテロリストと戦う決意をするという記念すべき第1作。

トニーの気持ちとしてはこの時点でまさか近い将来宇宙人と戦うことになるとは思っても見なかったと思います。

ヒーローもののストーリーとしても自ら最後に「アイアンマン」だと公表してしまう点などは原作を知らない人にとっては前代未聞のラストだった気がしますし、ロバート・ダウニー・Jrがハマり役すぎておもしろさが何十倍、何百倍にも膨れ上がった作品だと言えます。

④ ロバート・ダウニー・Jrの大抜擢

ロバート・ダウニー・Jrの大抜擢

薬物問題で7回も逮捕歴のある俳優がなぜ抜擢されたのか。

制作スタジオ側は当初、薬物問題から「どんなことがあっても、彼を雇うことはない」としていましたが、オーディションで他の役者たちを圧倒し、「彼の波瀾万丈のキャリアがキャラクターに深みを与える」として、ジョン・ファヴロー監督から主人公のトニー・スターク役に抜擢されます。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の成功はロバート・ダウニー・Jrなくしては語れないと言えるでしょうね。

⑤ パワードスーツ

生命維持を可能にする小型アーク・リアクターを完成させたことで、連動したパワードスーツが完成され、この第1作目では「マーク1」「マーク2」「マーク3」まで完成されます。

マーク1

テン・リングスの拠点である洞窟から脱出するため、アーク・リアクターと連動するパワードスーツを在りもので開発。

マーク2

「マーク1」元に制作した後のスーツの原型モデル。ある高度まで行くと外装が氷結してしまうという弱点が発覚しマーク3を開発することに。

マーク3

氷結問題も改善され、1人でテン・リングスとの戦いを始めた際に使用されたスーツ。アイアンモンガーと戦った時もこのスーツでした。

⑥ ペッパーとの関係

ペッパーとの関係

ペッパーは第1作目の時点ではただの秘書。周囲の目もあり社長と秘書の関係からなかなか発展しませんでしたが、トニーがパワードスーツを装着して戦い始めると不安を覚えるも渋々了承することに。

⑦ アベンジャーズへの伏線

1作目からフィル・コールソンやニック・フューリーが出演。コールソンは最初「戦略国土調停補強配備局」の人間だとしてちょこちょこ登場し、名称が長いことに突っ込みを入れられていましたが、最後には略して「S.H.I.E.L.D.(シールド)」と公表します。

ニック・フューリーはエンドクレジットに登場。エンドクレジットにヒントを残すような手法もこの作品から既に始まっていました。

⑧ 「アイアンマン」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は278件のレビューに基づく94%もの前向きなレビューで7.71/10と平均よりも高い評価に。

Metacriticでは38件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中79点とこちらも割と高い評価。

ロバート・ダウニー・Jrの活気に満ちた魅力により、巧妙な知性と感染性の楽しさで新たなスーパーヒーローのジャンルを確立させたといった評価もありました。

⑨ 「アイアンマン」日本での評価

Yahoo!映画での評価は3,895件のレビューで平均評価は4.09とかなり高いな数字。

映画.comでは175件中3.8とこちらも平均より高い評価。

映画レビューサイトFilmarksでは‎7,972件のレビューで3.9と高い評価になってます。

⑩ 「アイアンマン」のトリビア

・監督は2003年に公開された映画「デアデビル」に俳優として出演した縁から、自らハッピー役としても出演しているジョン・ファヴローが着任しました。今作ではほとんど出ていません。

・テン・リングスを採用するにあたり、当初は「マンダリン」がヴィランとなる予定でしたが最終的にアイアンモンガーになりました。

・撮影が始まった当初はまだ脚本が完成しておらず、割とラフな感じでスタートしたそうで、このおかげで映画がより自然に感じられるようになったと、後にジョン・ファヴローが語っています。

・一部のシーンは、ロバート・ダウニー・Jrのアドリブでの演技を撮影するために2台のカメラで撮影されました。アドリブが多かったためペッパー役のグウィネス・パルトローは彼のセリフを把握しておらず、合わせるのに苦労したそうです。

・J.A.R.V.I.S.の声を演じたポール・ベタニーは、ジョン・ファヴローが2004年の映画「ウィンブルドン」で共演した縁で起用されましたが、それなりなギャラにも関わらず2時間ですべての作業が終わってしまったため強盗になった気分だったとコメントしています。後にMCUの中で役割が拡大されて自身が出演する立場になるとはこの時点では思わなかったようです。

・オバディア・ステイン(アイアンモンガー)役のジェフ・ブリッジスは、通常は非常に準備が整っており、自分のセリフを一言一句把握しているため、脚本やリハーサルがない状態で撮影が進むことで当初は不快な気分だったそうですが、少しずつプレッシャーもなくなり、面白くなっていったとコメントしています。

・フィル・コールソン役のクラーク・グレッグは当初ただのエージェントとして出演していたため、後々役回りが増えていくことになるとはこの時点では決まっていなかったそうです。

まとめ

「アイアンマン」について色々まとめてみました。

「アイアンマン」は現在NetflixやHuluなど多くのVODサービスで視聴可能です。

MCUを知るにはまずこの作品から。MCU作品をまだ観たことがない方には是非おすすめしたい映画です。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。