【映画】「ミッション:インポッシブル3」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】「ミッション:インポッシブル3」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【こちらもCHECK!!】→ 【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社比較ランキング、今話題の海外ドラマや洋画が見られる動画配信サービスは?

2006年公開、大ヒットシリーズ第3作目、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントのスパイアクション映画「ミッション:インポッシブル3」

監督にJ・J・エイブラムスを起用し、過去2作と比べ評価の高い作品となった一方で興行収入的には振るわなかった作品でもあります。

ご存知の方も多いとは思いますが今回は「ミッション:インポッシブル3」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介したいと思います。

「ミッション:インポッシブル3」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「ミッション:インポッシブル3」のあらすじ

M:i:III(字幕版) – Trailer

米国のスパイ組織、極秘諜報部隊 IMF(Impossible Missions Force、不可能作戦部隊)のエージェント、イーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしながら、本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っていた。

そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーがベルリンで捕らえられたという知らせが届く。

迷いながらも救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームワークを発揮しリンジー救出を果たす。しかし、ヘリに乗って逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾の時限装置発動により死んでしまう。

② 「ミッション:インポッシブル3」のキャスト

「ミッション:インポッシブル3」のキャスト

役名俳優
イーサン・ハント
Ethan Hunt
トム・クルーズ
Tom Cruise
オーウェン・デイヴィアン
Owen Davian
フィリップ・シーモア・ホフマン
Philip Seymour Hoffman
ルーサー・スティッケル
Luther Stickell
ヴィング・レイムス
Ving Rhames
ジュリア・ミード
Julia Meade-Hunt
ミシェル・モナハン
Michelle Monaghan
ゼーン・リー
Zhen
マギー・Q
Maggie Q
デクラン・ゴームリー
Declan
ジョナサン・リース=マイヤーズ
Jonathan Rhys Meyers
ジョン・マスグレイブ
Musgrave
ビリー・クラダップ
Billy Crudup
リンジー・ファリス
Lindsey Farris
ケリー・ラッセル
Keri Russell
ベンジー・ダン
Benji Dunn
サイモン・ペッグ
Simon Pegg
セオドア・ブラッセル局長
Theodore Brassel
ローレンス・フィッシュバーン
Laurence Fishburne
ブラウンウェイ
Brownway
エディ・マーサン
Eddie Marsan
デイヴィアンのボディーガード
Davian’s bodyguard
ジェフ・チェイス
Jeff Chase

③ 公開が1年遅れ

「ミッション:インポッシブル3」は当初、2005年にジョー・カーナハンが監督を務め公開される予定でした。

しかし製作陣と意見が合わず撮影前に降板してしまい、ずれ込んでしまいました。

その間、トム・クルーズは別の映画「宇宙戦争」の撮影を行ったため結果1年遅くなってしまったそうです。

④ スパイ要素が一番少ない作品

スパイ要素が一番少ない作品

裏の世界の大物を捕まえるミッションそのものにはイーサン・ハントは当初関わっていなかったので一種の復讐劇のような作品に。

そしてIMFがFRIのような政府機関のような社内のシーンもあり、主役がイーサン・ハントの「24」とも言えるような流れになっていきます。

⑤ J・J・エイブラムス初の長編監督作品

ジョー・カーナハンが降板し、トム・クルーズは海外ドラマ「エイリアス」の大ファンだったこともあり、J・J・エイブラムスを監督として招きました。

J・J・エイブラムスにとっては初の長編監督作品となりました。

⑥ 新レギュラー陣の確立

後に欠かせない存在となるベンジーことサイモン・ペッグが初登場しました。

そしてイーサン・ハントの妻ジュリアことミシェル・モナハンも初登場。ジュリアも後のシリーズに出演しています。

今までイーサン・ハント以外ではルーサーしかレギュラー出演してませんでしたから、イーサン・ハントにとっての新たな関係者がレギュラー化していったのはこの作品からでしょうね。

ちなみにベンジー役は当初リッキー・ジャーヴェイスが予定されていたそうですが、スケジュールの都合で降りたそうなのでサイモン・ペッグは非常に幸運を掴んだ形です。

⑦ おそらく今までで一番のピンチに

おそらく今までで一番のピンチに

最愛の妻ジュリアを救えたのは偶然に過ぎず、イーサン・ハントの目の前で殺された人物が本物のジュリアだった可能性も十分に考えられます。そしてそのシーンからスタートするという並びは抜群ですね。

⑧ 日本でのプロモーション

トム・クルーズはこの作品のプロモーションで来日した際に、東海道新幹線のぞみを貸し切り、東京から新大阪まで約2時間半の間、東京・新横浜・名古屋から同乗したファン150人と密に触れ合うという、史上最速のミッションが遂行され大きな話題となりました。

映画のPRにおいて、このような形で新幹線が使われるのは当時初めての事でした。

⑨ 「ミッション:インポッシブル3」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は221件のレビューに基づく70%もの前向きなレビューで6.6/10と3作目にして高評価を得ています。

Metacriticでは42件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中66点とこちらも比較的高評価。

作品そのものの評価は高いのに興行成績が振るわなかったのは、当時話題となったトム・クルーズの目に余る奇行問題が影響してそうです。

⑩ 「ミッション:インポッシブル3」日本での評価

Yahoo!映画での評価は3,145件のレビューで平均評価は3.8と非常に高めの評価に。

映画.comも同様で62件中3.6とこちらも高評価。

映画レビューサイトFilmarksでは2,599件のレビューで3.7と、平均よりも少し高い評価になっています。

十分な評価だと言えますが、ミッション:インポッシブルシリーズとしては少し低いかもしれませんね。

まとめ

「ミッション:インポッシブル3」について色々まとめてみました。

ストーリー重視というイメージの強い作品で、この辺りからイーサン・ハントの物語になっていってる気がしますがこのパターンもまた面白く感じるのはこれが最初の作品じゃなくシリーズ化してるからだと思います。

アクションも多くストーリーも良く、デイヴィアンの存在感も丁度いい。デイヴィアンの最後だけはあまりにもあっけなかったのが勿体なかったですが、それ以外は非常におもしろい作品です。

Amazonプライムビデオでは観られる様なので、気になった方は是非観て頂きたいです。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。

また今回「ミッション:インポッシブル」シリーズとして6作一挙にご紹介しています。続編や過去作品の記事も是非ご覧ください。