【映画】「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【こちらもCHECK!!】→ 【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社比較ランキング、今話題の海外ドラマや洋画が見られる動画配信サービスは?

2011年公開、大ヒットシリーズ第4作目、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントのスパイアクション映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

前作の監督J・J・エイブラムスがプロデュースに回り、新たにブラッド・バードを監督に起用し、全4作品中最高の興行収入となったヒット作です。

ご存知の方も多いとは思いますが今回は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介したいと思います。

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のあらすじ

【映画】『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』予告編

米国のスパイ組織、極秘諜報部隊 IMF(Impossible Missions Force、不可能作戦部隊)のエージェント、トレヴァー・ハナウェイはブダペストで「コバルト」というコードネームの人物に渡されるはずの秘密ファイルを奪う任務に就いていた。

だが、同ファイルを狙う別組織の乱入の果てに、ハナウェイは女殺し屋のサビーヌ・モローによって殺害され、ファイルを奪われてしまう。

事態収拾のため、IMFは私的にモスクワの刑務所に服役中のイーサン・ハントを、ハナウェイのチームで働いていたジェーン・カーターと、新たに現場エージェントに昇格したベンジー・ダンに脱獄させる。

イーサンは、最愛のジュリアを殺され、犯人たちに復讐したのだという。

② 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のキャスト

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のキャスト

役名俳優
イーサン・ハント
Ethan Hunt
トム・クルーズ
Tom Cruise
ジェーン・カーター
Jane Carter
ポーラ・パットン
Paula Patton
ベンジー・ダン
Benji Dunn
サイモン・ペッグ
Simon Pegg
ウィリアム・ブラント
William Brandt
ジェレミー・レナー
Jeremy Renner
カート・ヘンドリクス
Kurt Hendricks
ミカエル・ニクヴィスト
Michael Nyqvist
アナトリー・シディロフ
Anatoly Sidorov
ウラジミール・マシコフ
Vladimir Mashkov
ウィストロム
Marius Wistrom
サムリ・エーデルマン
Samuli Edelmann
レオニド・ライセンカー
Leonid Lisenker
イワン・シュヴェドフ
Ivan Shvedoff
ブリッジ・ナス
Brij Nath
アニル・カプール
Anil Kapoor
サビーヌ・モロー
Sabine Moreau
レア・セドゥ
Léa Seydoux
トレヴァー・ハナウェイ
Trevor Hanaway
ジョシュ・ホロウェイ
Josh Holloway
マレク・ステファンスキー
Marek Stefanski
パヴェル・クリス
Pavel Kříž
ボグダン
Bogdan
ミラジ・グルビッチ
Miraj Grbić
ザ・フォッグ
The Fog
イリア・ヴォロック
Ilia Volok
ルーサー・スティッケル
Luther Stickell
ヴィング・レイムス
Ving Rhames
ジュリア・ミード
Julia Meade-Hunt
ミシェル・モナハン
Michelle Monaghan

③ 恒例のスタントなしアクション

恒例のスタントなしアクション

スタントを使わないことで有名なトム・クルーズは、本作で超高層ビルで宙吊りになるという至難のアクションに挑戦しています。

世界一の高さを誇るドバイの超高層ビルブルジュ・ハリファの外壁を登っていくシーンはドキドキハラハラ、見応え満点です。

④ 女優ポーラ・パットンも大活躍

女優ポーラ・パットンも大活躍

本作で初めて登場するジェーン・カーター。美貌と戦闘力の高さが印象的な彼女を演じるのはアメリカの女優ポーラ・パットンです。

この作品でサターン賞やティーンチョイスアワードの助演女優賞にノミネートされおり高く評価されています。

⑤ 安定の大ヒットを記録

全世界興行収入が7億ドル、日本でも50億円以上の大ヒットを記録しました。

これまでシリーズトップを記録していたジョン・ウー監督作「ミッション・インポッシブル2」を破り、前シリーズ4作中で最高記録を叩き出しました。

⑥ CGアニメ出身の監督

毎作品監督が変わるのがミッション・インポッシブルシリーズの特徴。

今回はなんと「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」などCGアニメを中心に作製をしてきたブラッド・バードが監督を務めています。

⑦ ド派手で楽しいアクション

本作はアニメを主に製作してきた監督のせいか、コメディ性とエンターテイメント性が増し増しになっています。

特にサイモン・ペッグ扮するベンジーとの絡みはクスッとしてしまうこと間違いなしです。

⑧ パート5&パート6に続くキーワード

ラストシーンでは次のミッションとして、謎の犯罪組織「シンジケート」の正体を探る発言をしています。

この時点で「シンジケート」の存在を考慮していたのがわかりますね。話が続いていると思わないので意外とパート5を観るまで忘れがちなシーンです。

⑨ 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は238件のレビューに基づく93%もの前向きなレビューで7.7/10と4作目にして非常に高評価を得ています。

Metacriticでは47件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中73点とこちらも比較的高評価。

AP通信の映画評論家デイヴィッド・ジェルマンは4つ星満点で3つ星を与え、クルーズの「最高のアクション・フリック」の一つであると述べています。

⑩ 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」日本での評価

Yahoo!映画での評価は3,936件のレビューで平均評価は4.2と非常に高めの評価に。

映画.comも同様で164件中3.8とこちらも高評価。

映画レビューサイトFilmarksでは3,665件のレビューで3.8と、平均よりも少し高い評価になっています。

まとめ

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」について色々まとめてみました。

この作品で最も話題になったのはやはりドバイの超高層ビルブルジュ・ハリファの外壁を登っていくシーンですが、ロシアからドバイ、そしてインドと舞台が頻繁に変わる事で映画のスピード感を感じさせ、且つシリーズで一番コメディ要素があるのでまた新しい面白さのある作品です。

Amazonプライムビデオでは観られる様なので、気になった方は是非観て頂きたいです。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。

また今回「ミッション:インポッシブル」シリーズとして6作一挙にご紹介しています。続編や過去作品の記事も是非ご覧ください。