【映画】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

2018年公開、大ヒットシリーズ第6作目、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントのスパイアクション映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

全シリーズで初めて脚本と監督クリストファー・マッカリーが2作連続で起用されました。

ご存知の方も多いとは思いますが今回は「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介したいと思います。

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のあらすじ

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ティザー予告映像

米国のスパイ組織、極秘諜報部隊 IMF(Impossible Missions Force、不可能作戦部隊)のエージェント、イーサン・ハントと彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目前にしていたが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまう。

イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の「同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション」を受ける。

② 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のキャスト

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のキャスト

役名俳優
イーサン・ハント
Ethan Hunt
トム・クルーズ
Tom Cruise
オーガスト・ウォーカー
August Walker
ヘンリー・カヴィル
Henry Cavill
ルーサー・スティッケル
Luther Stickell
ヴィング・レイムス
Ving Rhames
ベンジー・ダン
Benji Dunn
サイモン・ペッグ
Simon Pegg
イルサ・ファウスト
Ilsa Faust
レベッカ・ファーガソン
Rebecca Ferguson
ソロモン・レーン
Solomon Lane
ショーン・ハリス
Sean Harris
エリカ・スローン
Erica Sloane
アンジェラ・バセット
Angela Bassett
ホワイト・ウィドウ
White Widow
ヴァネッサ・カービー
Vanessa Kirby
ジュリア・ミード
Julia Meade
ミシェル・モナハン
Michelle Monaghan
エリック
Erik
ウェス・ベントリー
Wes Bentley
ゾラ
Zola
フレデリック・シュミット
Frederick Schmidt
アラン・ハンリー
Alan Hunley
アレック・ボールドウィン
Alec Baldwin

③ CGなしスタンドなしの最強アクション

撮影中にトム・クルーズが怪我したことで話題にあった本作。撮影時は折れたのを分かっていながら走り続けたそうです。

前シリーズに引き続き観ているこちらが息を止めてしまうようなハラハラアクションが楽しめます。

④ とにかく落ちる命がかったアクション

本作はとにかく落ちていくシーンが多いです。その一つの高速スカイダイビングももちろんスタントなし。俳優として初めて「ヘイロージャンプ」という米軍の潜入作戦で使用されるジャンプに挑戦しています。

このアクションシーンのためだけにも、100回以上ジャンプの練習をしたそうです。

⑤ ヘリも運転しちゃうトム

ヘリも運転しちゃうトム

ヘリコプターを操縦するシーンではなんとトム・クルーズが自ら運転しています。

誰も挑戦したことのないスタントを目指して2年の準備期間を費やし、ヘリコプターの操縦するアクションシーンの撮影を決め、「短期間で2,000時間の訓練をこなす」と言い放ち、見事ライセンスを取得しました。

「ミッション:インポッシブル」でイーサン・ハントを演じることでトム・クルーズが獲得した身体能力とスキルは計り知れません。

ちなみにこの撮影はスタントシーンがあまりにも危険すぎるため、世界で唯一撮影許可が下りたニュージーランドで実施されたそう。

⑥ 前作と同監督

「ミッション:インポッシブル」シリーズでは初の試みとなる、監督の引き継ぎ。

過去に9回もタッグを組んでいるクリストファー・マッカリー監督とトム・クルーズならではの息のぴったりさが伺えます。

「ユージュアル・サスペクツ」ではアカデミー賞を始め様々な賞を受賞した実力を持っています。

彼は以前にも何度かトム・クルーズの作品にも携わっているそうです。

⑦ シンジケートの復讐劇

シンジケートの復讐劇

前作では決めに決めたソロモン・レーンの髪型も今作ではボロボロ。それでもまた違った味が出ており、更にはラスボスのような動きも見せ、ソロモン・レーンの復讐劇のようにも見えます。

イーサン・ハントに次々と襲い掛かり、チームの仲間や愛する妻ジュリアの命まで危険にさらされるなど見応え抜群。

ジュリアを演じたミシェル・モナハンが復帰してるのも嬉しい限りです。

⑧ 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は391件のレビューに基づく97%もの前向きなレビューで8.37/10とシリーズ最高評価を得ています。

Metacriticでは60件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中80点とこちらも高評価。

Variety誌のPeter Debruge氏は「これまでのシリーズで最もエキサイティング」と評し、レビューサイトIndieWireにて映画プロデューサーのDavid Ehrlich氏は「史上最高のアクション映画の1つ」と評しています。

⑨ 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」日本での評価

Yahoo!映画での評価は‎7,661件のレビューで平均評価は4.2と非常に高めの評価に。

映画.comも同様で549件中3.9とこちらも高評価。

映画レビューサイトFilmarksでは‎9,975件のレビューで4と、平均よりも少し高い評価になっています。

⑩ 個人的な感想

シリーズで一番おもしろいです。過去の出演者が次々と登場し、オーガスト・ウォーカーの裏切りからソロモン・レーンが2度にわたるラスボスとなるような展開などおもしろい要素が非常に詰め込まれています。

イーサン・ハントは過去何度もピンチな局面がありましたが、ここまで複数に渡って危険と隣り合わせになったことはないかと思いますし、チーム全体が危機的状況になってチーム全体で解決しようとするのもまた魅力になってます。

まとめ

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」について色々まとめてみました。

Amazonプライムビデオでは観られる様なので、気になった方は是非観て頂きたいです。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。

また今回「ミッション:インポッシブル」シリーズとして6作一挙にご紹介しています。過去作品の記事も是非ご覧ください。