【映画】「シャザム!」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】「シャザム!」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【こちらもCHECK!!】→ 【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社比較ランキング、今話題の海外ドラマや洋画が見られる動画配信サービスは?

DCコミックスのクロスオーバー作品「DCエクステンデッド・ユニバース(通常DCEU)」の7作目として製作され、2019年に公開された「シャザム」

公開時期が「アベンジャーズ/エンドゲーム」と近かった事もありあまり話題にならずに終わってしまいましたが、ポップで子供でも楽しめる作品として面白い作品です。

ご存知の方も多いとは思いますが改めてあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介したいと思います。

「シャザム」をまだ観たことがない方はこれを機会に是非おすすめしたい映画です。

※なるべくネタバレ回避していますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

「シャザム」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「シャザム」のあらすじ

『シャザム!』 予告編 (2019年)

幼い頃に母親と離れ離れになり、孤児となったビリー・バットソンある日、「永遠の岩」に住む魔術師シャザムからスーパーパワーを与えられ、「S=ソロモンの知力」「H=ヘラクラスの強さ」「A=アトラスのスタミナ」「Z=ゼウスのパワー」「A=アキレスの勇気」「M=マーキュリーの飛行力」という6つの力をあわせもつヒーロー「シャザム(SHAZAM)」に変身できるようになる。

② 「シャザム」のキャスト(出演者)

「シャザム」のキャスト(出演者)

役名俳優
ビリー・バットソン
Billy Batson
アッシャー・エンジェル
Asher Angel
シャザム
Shazam
ザッカリー・リーヴァイ
Zachary Levi
Dr.サデウス・シヴァナ(ヴィラン)
Dr. Thaddeus Sivana
マーク・ストロング
Mark Strong
幼いサデウス
young Thaddeus
イーサン・プギオット
Ethan Pugiotto
フレディ・フリーマン(ビリーの養兄弟)
Frederick “Freddy” Freeman
ジャック・ディラン・グレイザー
Jack Dylan Grazer
スーパーヒーロー・フレディ(青のスーツ)
Super Hero Freddy
アダム・ブロディ
Adam Brody
魔術師シャザム
Shazam
ジャイモン・フンスー
Djimon Hounsou
ダーラ・ダドリー(ビリーの養姉妹)
Darla Dudley
フェイス・ハーマン
Faithe Herman
スーパーヒーロー・ダーラ(紫のスーツ)
Super Hero Darla
ミーガン・グッド
Meagan Good
メアリー・ブロムフィールド(ビリーの養姉妹)
Mary Bromfield
グレイス・フルトン
Grace Fulton
スーパーヒーロー・メアリー(赤のスーツ)
Super Hero Mary
ミシェル・ボース
Michelle Borth
ユージーン・チョイ(ビリーの養兄弟)
Eugene Choi
イアン・チェン
Ian Chen
スーパーヒーロー・ユージーン(グレーのスーツ)
Super Hero Eugene
ロス・バトラー
Ross Butler
ペドロ・ペーニャ(ビリーの養兄弟)
Pedro Peña
ジョバン・アルマンド
Jovan Armand
スーパーヒーロー・ペドロ(緑のスーツ)
Super Hero Pedro
D.J. コトローナ
D. J. Cotrona
ローザ・バスケス(ビクターの妻)
Rosa Vasquez
マルタ・ミランズ
Marta Milans
ビクター・バスケス(グループホームの家主)
Victor Vasquez
クーパー・アンドリュース
Cooper Andrews
スーパーマン(スーツアクター)
Superman
ライアン・ハンドリー
Ryan Handley

③ 見た目はオトナ、中身はコドモ

見た目はオトナ、中身はコドモ
「見た目はオトナ、中身はコドモ」で思い出すのはトム・ハンクス主演の1988年の映画「ビッグ」。

どちらもコメディ要素満載ですが、「ビッグ」の場合は会社員として仕事をするので有り得ない現実の中にもリアリティがあります。

「シャザム」の場合は大人にはなりますが同時にスーパーパワーも手に入れてしまうので題材が一緒でも全然違う内容です。

海外の子供ならやりそうなことが詰め込まれてるのでその面白さと、使いこなしきれていないスーパーパワーが面白さを倍増させています。

④ スーパーパワーも手に入れてしまった責任

スーパーパワーも手に入れてしまった責任
シヴァナというヴィランが現れてしまい、倒せるのはシャザムだけというプレッシャーに立ち向かうものの、結局子供なのであきらめてしまいます。

「責任」が重くのしかかるという事実は大人でも投げ出したくなるのに、「責任」を持つことに慣れてない子供にはその重圧はとんでもないものだと思います。それらの描写は妙にリアルです。

⑤ 132分にちょっと詰め込み過ぎ?

132分にちょっと詰め込み過ぎ?
ヒーローものの映画で第1作目となると「ヒーローの誕生」や「ヴィランの誕生」、そして「ヴィランを倒すまでの苦悩」がだいたい描かれるものですが、132分にしてはやや詰め込み過ぎなのかなとも思える展開の早さもあります。

しかしこれが子供向けなんだと考えればこれでいいのかもしれませんね。

⑥ ジャスティス・リーグへの展開は?

ジャスティス・リーグへの展開は?
エンドクレジットではスーツのみでしたがスーパーマンも登場し、ジャスティス・リーグへの展開も匂わせてましたね。

ただ「ジャスティス・リーグ」そのものが続編に対して消極的になってますし、どのような形で進んでいくのか・・・この辺りの計画性は残念ながらMCUと比べて大きく劣ってしまう点でもあります。

⑦ 何度でも観れるアメコミ映画

アメコミ映画、特にDCの作品はダークな風潮があるため観る側としても少し気合いが必要なときがありますが、その反面「シャザム」は他の作品に比べると非常にわかりやすい展開で何度でも楽しめる作品です。

MCUでは味わえない類の作品ですね。

⑧ 「シャザム」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は385件のレビューに基づく90%もの前向きなレビューで評価は7.28と高め。

Metacriticでは53件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中71点とこちらも高め。

CinemaScoreによって投票された視聴者は、A +からFのスケールで映画の平均グレードを「A」と評価

「ワンダーウーマン」「アクアマン」「ジャスティス・リーグ」に比べテイストがガラリと変わったDCEU作品として高い評価を受けているようです。

⑨ 「シャザム」日本での評価

Yahoo!映画での評価は1,846件のレビューで平均評価は3.7と非常に高めの評価に。

映画.comも同様で265件中3.7とこちらも高評価。

映画レビューサイトFilmarksでは‎7,601件のレビューで3.7と、こちらも非常に高評価になっています。

日本版での吹替監修には、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画『銀魂』などで知られる福田雄一監督が担当することになり、福田節がさく裂してしまったため吹き替えキャストへの難色を示す人の多く、こちらが話題になってしまいました。

⑩ 個人的な感想

おもしろかったが故に物足りなさも感じましたが、2022年にはシャザムの続編が公開されるようなのでどのような展開になっていくのか今から非常に楽しみです。

まとめ

「シャザム」について色々まとめてみましたが、Netflixで見られるようなので、気になった方は是非観て頂きたいです。