【映画】トム・ハンクス初監督作品「すべてをあなたに」のネタバレ有あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【映画】トム・ハンクス初監督作品「すべてをあなたに」のネタバレ有あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

【こちらもCHECK!!】→ 【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社比較ランキング、今話題の海外ドラマや洋画が見られる動画配信サービスは?

俳優トム・ハンクスが満を持して温めた企画を映画化した1996年公開初監督作品「すべてをあなたに(That Thing You Do!)」をご覧になったことはありますか?

トム・ハンクスはもちろんリヴ・タイラーやブレイク前のシャーリーズ・セロンも出演している作品で、1960年代にビートルズのようなスターを夢見た若者たちを描いた青春音楽映画です。

主題歌となっている「That Thing You Do!」はアカデミー主題歌賞にノミネートされ、多くのアーティストが今でもカバーしている名曲です。

今回は「すべてをあなたに(That Thing You Do!)」のネタバレ有であらすじやキャスト、おすすめしたいポイント・感想・評価・レビューなど、その概要をご紹介していこうと思います。

トム・ハンクス初監督作品「すべてをあなたに」のネタバレ有あらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「すべてをあなたに」のあらすじ

1964年、ペンシルベニア州の小さな田舎町、エリー。父の電気店を手伝っているガイはジャズが好きで、閉店後に地下でドラムを叩いている時が至福の時間だった。

ある時、大学のコンテストに出場する友達のバンドから、ケガをしたドラマーの代役を頼まれる。

バンド「ワンダーズ」のメンバーは作詞作曲も手掛けるボーカル&サイドギターのジミー、リードギター&サイドボーカルのレニー、そしてベースプレイヤー。そしてジミーのガールフレンドのフェイも常にバンドと共に行動していた。

コンテストでの演奏曲はバラードだったが、ガイはその場のひらめきでハイビートなリズムを刻むとこれが大ウケして優勝する。そしてここからバンドのシンデレラストーリーが始まるのであった。

② 「すべてをあなたに」のキャスト

「すべてをあなたに」のキャスト

役名俳優
ガイ・パターソン(ドラマー)
Guy Patterson
トム・エヴェレット・スコット
Tom Everett Scott
ジミー(ボーカル)
Jimmy Mattingly
ジョナサン・シェック
Johnathon Schaech
レニー(ギター)
Lenny Haise
スティーヴ・ザーン
Steve Zahn
ベースプレイヤー(ベース)
T.B. Player
イーサン・エンブリー
Ethan Embry
フェイ・ドーラン(ジミーのガールフレンド)
Faye Dolan
リヴ・タイラー
Liv Tyler
ミスター・ホワイト(マネージャー)
Mr. White
トム・ハンクス
Tom Hanks
ティナ
Tina Powers
シャーリーズ・セロン
Charlize Theron
デル・パクストン
Del Paxton
ビル・コッブス
Bill Cobbs
チャド
Chad
ジョヴァンニ・リビシ
Giovanni Ribisi
スコット(ウルフマン)
Scott “Wolfman” Pell
ラリー・アントニーノ
Larry Antonino
ガイの父親
Mr. Patterson
ホームズ・オズボーン
Holmes Osborne

③ とにかく「That Thing You Do!」が名曲すぎる

The Wonders, "That Thing You Do"

こちらが映画で重要な曲「That Thing You Do!」です。

1960年代をイメージして制作され、サウンドトラックは全米でヒットしました。

ボーカルはジミー役のジョナサン・シェックが歌っているわけではなく、歌手のマイク・ビオラによるもの。

映画1本でアルバム1枚分の楽曲が制作され、そのうちのいくつかはトム・ハンクスが自ら作った曲です。

「That Thing You Do!」はアメリカのロック・バンドFountains of Wayne(ファウンテンズ・オブ・ウェイン)のベーシスト、Adam Schlesinger(アダム・シュレシンジャー)が書いた曲で、実際にアメリカのビルボードチャートにもランクインしました。

④ 多忙な中で作り上げた作品

多忙な中で作り上げた作品

トム・ハンクスは90年代、ヒット作に恵まれ多忙を極めていました。

1993年は「めぐり逢えたら」「フィラデルフィア」、1994年は「フォレスト・ガンプ/一期一会」、1995年は「アポロ13」に「トイ・ストーリー」の声の出演と、上げた作品すべて観たり聞いたりしたことはあるかと思います。

これだけ多忙の中で少しずつ執筆しながら完成した作品です。

後にトム・ハンクスインタビューで、決して興行的に満足のいく結果ではなかったけど僕自身は、あの映画は今でも大好きだよと述べています。

それだけ思い入れの強い作品だということがわかりますね。

⑤ トム・エヴェレット・スコットはこの作品で映画デビュー

トム・エヴェレット・スコットはこの作品で映画デビュー

主演のトム・エヴェレット・スコットは、「すべてをあなたに」のオーディションを受け、トム・ハンクスは当初スコットを選ぶつもりは無かったそうですが、妻のリタ・ウィルソンに説得されて主演に抜擢されました。

今でこそ「ラ・ラ・ランド」やドラマ「13の理由」などヒット作にも多く出演していますが、原点はここだったんですね。

⑥ ブレイク前のシャーリーズ・セロンも

ブレイク前のシャーリーズ・セロンも

シャーリーズ・セロンはガイのガールフレンド・ティナ役で出演していますが、ちょい役です。

映画出演3作目がこの作品なんですね。今にして思えばシャーリーズ・セロンがちょい役っていうのもすごいなと思いますが、ブレイク前だというのがよくわかります。

⑦ The Wonders全員実演ではない

The Wonders全員実演ではない

The Wondersを演奏していた4人の俳優は、演奏の感触を得るために8週間バンドとしてリハーサルをしました。

しかし、映画の中の彼らのパフォーマンスのほとんどは他のミュージシャンによって吹き替えられています。

未経験であれば2ヶ月で習得するのもなかなか難しいですからね。

⑧ ビートルズと多くの共通点を持っている

トム・ハンクスは「The Wonders」にビートルズと多くの共通点を持たせ、映画に遊び心を加えています。

例えば、

・Wondersのオリジナルバンド名(The Oneders)は、音楽の命名法を含む言葉の戯曲ですが、Oneを「ワン」と読まれず、ザ・オニーターズと呼ばれてしまったためスペルを変えています。

・「That Thing You Do!」はスローバラードのスピードアップ版です(ビートルズの場合は「Please Please Me」)。

・最初のドラマーがメンバーチェンジしてから、人気に火がつきました。

・どちらもオリジナルのベース奏者を失います(ビートルズのはスチュアート・サトクリフが亡くなり、The Wondersのベーシストはウルフマンに変わりました)。

⑨ 「すべてをあなたに」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)では、今のところ56のレビューがあり、批評家支持率は93%と、肯定的なコメントがほとんど。

主な内容としては、「トム・ハンクス監督のための軽くて甘い、そして完全に面白いデビュー、それが複雑さに欠けているものを魅力的に補っている」と書かれています。

ただ興行収入は3400万ドルと決してヒットしたとは言えない数字でした。

⑩ 「すべてをあなたに」日本での評価

Yahoo!映画での評価は119件のレビューで平均評価は3.8とかなり平均よりも少し高い評価。

映画.comでも3.8と同じ評価ですが、レビューはわずか1件と古い作品なのが影響してるかもしれません。

映画レビューサイトFilmarksでは131件のレビューで3.6と、平均と言えば平均ですが、Filmarksにしてはレビュー数は少ないような気も。

作品の知名度の問題がありそうです。数字だけを見ると、作品を観れば気に入る方は多いと思います。

まとめ

「すべてをあなたに(That Thing You Do!)」について色々まとめてみました。

至ってシンプルな内容で、よくある話でもあるんですが、トム・ハンクスはどうしても描きたかったんでしょうね、細部にまでこだわりが感じられる作品です。

楽曲そのものがいいですし、ベタなシンデレラストーリーでもたまには観たくなりますよね?

音楽がいいと作品全体のクオリティも上がりますし、気軽な気分で観られるのでおすすめしたい作品です。

1960年代の雰囲気だけでも楽しみたい方は特に必見かもしれません。

しかし残念ながら、20年以上前の作品のせいか、現在動画配信サービスで観られるところはなさそうです。

DVDやビデオを持っている方は今一度掘り起こして観てみると懐かしいですよ。