【海外ドラマ】DCドラマ「TITANS/タイタンズ」シーズン2のあらすじ・キャスト・ネタバレ・感想・評価・レビューなどを徹底解説

【海外ドラマ】DCドラマ「TITANS/タイタンズ」シーズン2のあらすじ・キャスト・ネタバレ・感想・評価・レビューなどを徹底解説

【こちらもCHECK!!】→ 【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社比較ランキング、今話題の海外ドラマや洋画が見られる動画配信サービスは?

2020年1月10日ついにNetflixで配信開始となったDCドラマ「TITANS/タイタンズ」のシーズン2。

「TITANS/タイタンズ」は、「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」「SUPERGIRL/スーパーガール」を手掛けるグレッグ・バーランティが製作総指揮を務めるDCコミックスの若きヒーローたちの戦いを描く作品で、メインキャストはバットマンの相棒として有名なロビンです。

もう見た方も多いと思いますが、海外ではシーズン2も引き続き評価が高く、今回はあらすじ・キャスト・ネタバレ・感想・評価・レビューなど、その概要をご紹介していこうと思います。

今回はまだ観てない方へ【ネタバレ無し】の簡単なあらすじやキャスト、見どころなどを前半5項目に絞り、後半5項目では【完全ネタバレ】にて、「TITANS/タイタンズ」の感想などを振り返っていきたいと思います。

DCドラマ「TITANS/タイタンズ」のあらすじ・キャスト・見どころなどを徹底解説

TITANS/タイタンズ シーズン2のあらすじ

Titans Season 2 Full Trailer | DC Universe | The Ultimate Membership

バットマンと別々の道を歩み出した初代ロビンことディック・グレイソン。

彼を待ち受けていたのは、テレキネティックな力が使える女の子レイチェル、レイチェルを探すということ以外の記憶を無くしてしまった女性コリー、そしてDNAを自在に操り緑色のトラに変身するガーフィールドなど、葛藤を抱え、仲間を必要としている若き未来のヒーローたちだった。

再び集ったタイタンズのメンバーに強敵デスストロークことスレイド・ウィルソンが立ちはだかる。

TITANS/タイタンズ シーズン2のキャスト

TITANS/タイタンズ シーズン2

役名俳優
ディック・グレイソン(ナイトウィング)
Richard “Dick” Grayson (Nightwing)
ブレントン・スウェイツ
Brenton Thwaites
コリー・アンダース(スターファイヤー)
Koriand’r / Kory Anders (Starfire)
アンナ・ディオプ
Anna Diop
レイチェル・ロス(レイヴン)
Rachel Roth (Raven)
ティーガン・クロフト
Teagan Croft
ガーフィールド・ローガン(ビーストボーイ)
Garfield “Gar” Logan (Beast Boy)
ライアン・ポッター
Ryan Potter
ジェイソン・トッド(ロビン)
Jason Todd (Robin)
カラン・ウォルターズ
Curran Walters
ドナ・トロイ(ワンダーガール)
Donna Troy (Wonder Girl)
コナー・レスリー
Conor Leslie
ドーン・グランガー(ダブ)
Dawn Granger (Dove)
ミンカ・ケリー
Minka Kelly
ハンク・ホール(ホーク)
Hank Hall (Hawk)
アラン・リッチソン
Alan Ritchson
スレイド・ウィルソン(デスストローク)
Slade Wilson (Deathstroke)
イーサイ・モラレス
Esai Morales
ローズ・ウィルソン(スレイドの娘)
Rose Wilson
チェルシー・ザン
Chelsea Zhang
ブルース・ウェイン(バットマン)
Bruce Wayne (Batman)
イアン・グレン
Iain Glen
ドクター・ライト
Dr. Arthur Light
マイケル・モーズリー
Michael Mosley
ジェリコ(スレイドの息子)
Jericho
チェラ・マン
Chella Man
マーシー・グレイブス
Mercy Graves
ナタリー・グミード
Natalie Gumede
イヴ・ワトソン
Eve Watson
ジェネビーブ・アンジェルソン
Genevieve Angelson
コナー(スーパーボーイ)
Conner (Superboy)
ジョシュア・オーピン
Joshua Orpin
ガース(アクアラッド)
Garth (Aqualad)
ドリュー・ヴァン・アッカー
Drew Van Acker
トライゴン
Trigon
シーマス・デヴァー
Seamus Dever
ブラックファイヤー
Blackfire
ダマリス・ルイス
Damaris Lewis

スーパーボーイが登場

スーパーボーイ

シーズン2ではスーパーボーイことコナー・ケントと愛犬クリプトが登場します。

スーパーボーイは原作でも主要なキャラクターで、スーパーマンの13番目のクローン。レックス・ルーサーの遺伝子も受け継いでおり、これまでに登場しているキャラクターの中ではずば抜けた能力を持っています。

スレイド・ウィルソンが登場

スレイド・ウィルソン

スレイド・ウィルソン(デスストローク)というキャラクターはDCでも有名なヴィランで、映画「ジャスティス・リーグ」でも最後に登場したり、ドラマでは「ARROW/アロー」のシーズン2にも登場していますので、今作でどのような形で登場するのかも見どころのひとつです。

トライゴンとの戦い

トライゴン

シーズン1ではトライゴンとの戦いが終わらぬまま終了してしまいましたが、ここからどのように立ち向かっていくのか、タイタンズはトライゴンを倒せるのかがまず一番重要な見どころかもしれません。

ここまでが「TITANS/タイタンズ シーズン2」【ネタバレ無し】のあらすじ、キャストや見どころなどのご紹介となります。ここから先は【完全ネタバレ】にて「TITANS/タイタンズ シーズン2」の感想などを振り返っていきたいと思います。まだご覧になっていない方はうっかりスクロールしすぎないようにご注意ください。

【ネタバレあり】「TITANS/タイタンズ シーズン2」のネタバレ・感想・評価・レビューなど徹底解説

トライゴンとの戦いはあっさり終了

トライゴンとの戦いはあっさり終了

結局レイチェルとガー以外のメンバーはトライゴンに支配されてしまいますが、唯一闇に支配されなかったガーがレイチェルを救ったことによってトライゴンとの戦いはあっさり終了します。

レイチェルのおでこについてるものはトライゴンによってつけられてたんですね。

あっけなかった印象もありますが、第1話から最終エピソードのような構成になっているのは非常に楽しめました。

ディック・グレイソンがとにかく情緒不安定

ディック・グレイソン

シーズン1でも書いてるんですが、相変わらずディック・グレイソンの情緒不安定さがより濃厚になっています。しかしこれはナイトウィングへとなるためには描かざるを得ないのかなとも思えるほど重要な内容でした。

ヒーローとヴィランは紙一重に同じものを抱えているというのが良く描かれています。

感想

スレイド・ウィルソンはどうしても「ARROW/アロー」のシーズン2のイメージが強いのでどういった形で進めていくのかと見ていましたが、全くの別物として見る事が出来ました。

原作は知りませんがストーリーの軸がしっかりしていて、スレイドとタイタンズを結びつけるものや、スレイドきっかけでナイトウィングへなるという展開も非常によかったですし、ローズの動きも犯罪系ドラマにあるような展開で単純なヒーロードラマじゃない見せ方も非常にすばらしかったですね。

スレイド・ウィルソン

また驚いたのが、アクアラッドが最初から故人という設定であることです。原作ファンの期待をいい意味で裏切ってる気がしました。

スーパーボーイは他のヒーローと比べてパワーバランスがあまりにも違うのでどのように描くのかが気になっていた部分ですが、やはりここのバランスは難しかったんでしょうね。多少賛否がありそうな気がしますが、コリーの設定をうまく人間臭くしているせいである種このドラマ特有の世界観に成功してるようにも思えるので、スーパーボーイも最後にはいいバランスになっているのかなという気もします。初登場のエピソードはやはり語らないといけないという意味では必要だったと思いますが、どうしても違うドラマを見ているような感じになってしまいましたね、最後で繋がってくれたおかげで強引に世界観に引き入れた印象を受けました。

そして最後、ドナがあんなシンプルな形で死んでしまうのは非常に複雑でした。仮にもワンダーガールがあんなあっけない終わりになってしまうというのは残念ですが、コナー・レスリーが降板でもするのでしょうか。またはシーズン3への伏線なのでしょうか。

また個人的にテンションが上がったのはDemore Barnes(デモア・バーンズ)の出演。気づいた方もいるかと思いますが「THE FLASH/フラッシュ」のシーズン2にヘンリー・ヒューイット役で出演しています。クライシス・オン・インフィニット・アースに参加したことで全て繋がっているとわかった世界観の中で、DCドラマの違う作品に出ている演者が登場するのはテンションが上がりますね。

もちろん他にもアラン・リッチソンが「ヤング・スーパーマン」でアクアマンを演じてるとかもありますが。

とにかくまとめると面白かったという結果です。

海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)では、今のところ20のレビューで85%と高評価。

やはり最初のエピソードは不調だったようで、トライゴンの展開が急すぎたのではないかという印象を受けました。

今後の展開予想

シーズン3への更新が既に決定しており、今後どのように展開していくのかまず気になるのが、クライシス・オン・インフィニット・アースの影響だと思います。

クライシス・オン・インフィニット・アースで登場したため世界観の共有は避けられないと思いますが、今後どのように結びついていくのか、また結びついていかないのかには注目したいですね。

現時点では何も発表されていないため全く予想はできないのですが、バットマンが正式に登場した以上は、他にもジャスティス・リーグのメンバーも登場するのかもしれませんし、セミッシラへ行ったレイチェルのストーリーがどんな形で進んでいくかも楽しみでなりません。

予想としては降板していなければドナの復活、アクアラッドの復活は考えられます。シーズン2の最終エピソードを見る限りはブラックファイヤーがなにかしでかすんでしょうね。

まとめ

「TITANS/タイタンズ」シーズン2についてあらすじ・キャスト・ネタバレ・感想・評価・レビューなどをご紹介してきましたが、まとめると全13話あっという間で、シーズン1からより深く掘り下げられた作品になっています。

Netflixでのみ見る事ができるので、まだ契約されていないかたは是非。