【WordPressプラグイン】アクセス制限(Basic認証)をかけるなら「WP Basic Auth」

【WordPressプラグイン】アクセス制限(Basic認証)をかけるなら「WP Basic Auth」

WordPressを利用して新規サイトを制作するとき、第三者に見られないようにするためBasic(ベーシック)認証をかけてアクセス制限することはよくあると思います。

WordPressを利用しない場合のサイト作成は.htaccessでベーシック認証の設定をしなければいけませんが、WordPressではプラグインで実装できるので非常に楽です。

今回はアクセス制限(Basic認証)をかける時に便利なプラグインをご紹介いたします。

Basic(ベーシック)認証ってなに?

Basic(ベーシック)認証とは、サイトにアクセスした時にIDとパスワードの入力画面がポップアップで表示されて、閲覧できるユーザーを制限できる簡易的な仕組みのことです。

IDとパスワードを入力しないとサイトを見る事が出来ませんので、新規サイトの立ち上げ前やサイトリニューアルなどの一時的な措置として第三者に見られないようにできます。

一般的には「.htaccess」と「.htpasswd」という2つのファイルを使用して必要な記述を書かなければいけません。

詳しくは「」でご紹介しています。

今回はこの作業をプラグインを使って解決します。

簡単にアクセス制限(Basic認証)をかけられるプラグイン「WP Basic Auth」

「WP Basic Auth」はインストールして有効化するだけでアクセス制限をかけられる優れものです。

「WP Basic Auth」の設定方法

① プラグイン→新規追加をクリック
② 「WP Basic Auth」で検索
③ 「WP Basic Auth」をインストールして有効化

これで完了です。

「WP Basic Auth」の場合アクセス制限(Basic認証)のIDとパスワードはWordPressの管理画面にログインする時のIDとパスワードと同じなので、改めて設定する必要はありません。

こんな簡単な手順でアクセス制限(Basic認証)がかけられるプラグインは他にありませんので、僕はWordPressを構築する際には必ず一番最初にインストールしているプラグインです。

「WP Basic Auth」の利用方法

インストールして有効化するだけなので、設定したサイトにアクセスしようとすると

「WP Basic Auth」の利用方法

このような状態となります。

※WordPressの管理画面にログインしているブラウザでは表示されないので、一旦ログアウトして確認するか、別のブラウザで確認してみましょう。

もしID、パスワードを入力せずにOKをクリックした場合でも

You need to enter a Username and a Password if you want to see this website.
(このWebサイトを表示するには、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。)

と表示され、サイトの中身は見られないようになっています。

「WP Basic Auth」の解除方法

① プラグイン→インストール済みプラグインをクリック
② 有効化をクリックして解除

これで完了です。

サイトが完成してオープンさせるときにはアクセス制限(Basic認証)を解除しなければいけませんが、「WP Basic Auth」はプラグインを解除するだけなので非常に簡単です。

「WP Basic Auth」の注意点

WordPressの管理画面にログインする時のIDとパスワードと同じというのは、「WP Basic Auth」最大の利点ではありませんが、一方で「WP Basic Auth」最大の欠点でもあります。

セキュリティ面が心配な方は異なるIDとパスワードを設定する必要があります。

「WP Basic Auth」についてまとめ

「WP Basic Auth」についてご紹介してきましたが、最後にまとめると

・インストールして有効化するだけなので設定がカンタン
・WordPressの管理画面にログインする時のIDとパスワードと同じ
・セキュリティ面が心配な方は異なるIDとパスワードを設定する必要がある

このようになっています。

僕の場合WordPressで制作するサイトはすべて、必ず一番最初にインストールしているプラグインです。

もし外注でのWeb構築など他の方のために制作しているサイトでしたら、簡単なサイトであれば使いやすいプラグインですので、是非一度お試しください。